すイエんサー

2015年09月12日(土) おいしいおすしの握り方

おいしいお寿司(すし)を作ろう!

まずは酢飯作りのポイントから。
osushi19.jpg

【すイエんサー流 酢飯作りのポイント】
①炊き立てアツアツのごはんにお酢(※)をかけ、
アツアツのうちによく混ぜる。
②ごはんがお酢を十分に吸収したところで、
うちわであおぎ熱を冷ます。(人肌まで)

※お酢は、市販の「すし酢」を使いました。

「炊きたてアツアツのごはん」を使うのはなぜ?
ごはんや麺(めん)に水分を吸収させるには
温度が高いほどよいのです。
osushi22.jpg

炊きたてアツアツのごはんを使うのは
温度が高く、お酢が吸収されやすいからです。
(保温されたごはんは、炊きたてアツアツのごはんに比べ
温度が低くなり、お酢が吸収されにくい。)
osushi29.jpg

また、冷ますためにウチワなどであおぐタイミングも、
「ごはんにお酢がしみこんだあと」です。
(ウチワであおぎながら、お酢を混ぜると
ごはんの温度が低くなってしまい、お酢がしみこみにくくなってしまいます。)
osushi31.jpg

これでツヤツヤの酢飯の完成です。
(しかも、握るときに手につきにくい!)
osushi18.jpg
osushi16.jpg

次に握り方です。
目指すおすしのポイントは次のふたつ。
・おはしで持つことができる
・口に入れるとシャリがホロホロとくずれる

osushi35.jpg

【すイエんサー流 握り方のポイント】
①右手でシャリを丸める。
(ピンポン球くらいの大きさが目安)
osushi56.jpg

②左手にネタを持つ。
③ネタの上にシャリを置く。
osushi57.jpg

④シャリの真ん中に、左手の親指で穴を開ける。
osushi60.jpg

⑤ひっくり返す。
osushi58.jpg

⑥右手の人さし指と親指、左手の親指で側面を握る。
osushi54.jpg

⑦向きを変えて残りの側面を握る。
osushi62.jpg
osushi64.jpg

「穴を空ける」のは?
穴を空けることで、シャリの中にすき間ができます。
このすき間のおかげで口に入れたときに
ホロホロとくずれるシャリになります。
osushi43.jpg
osushi45.jpg
osushi46.jpg

握るのは側面だけでいいの?
おはしで持ったときにくずれない、適度な握り具合のために
側面だけを握るのがポイントです。
職人さんは、上から指で強く握っているようにみえますが、
実際は、指をそえるだけで、力を入れていないそうです。
osushi61.jpg

みなさんも、すイエんサー流でおいしいおすしを握ってみて下さい!
osushi2.jpg

料理 これまでのワザ

固定リンク | コメント(2)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

上手なお寿司

投稿者 : チップ

本当に本当の意味でビックリ‼️これからも頑張ってくださいね!

投稿者 : 菜々子

コメントを書く

Page Top