すイエんサー

人間が無意識のうちに感情によって
どう動いてしまうかを研究する
高橋直樹さん(新潟医療福祉大学)によると、、、

おしい時にのけぞってしまうのは
予想していない失敗から起きる“驚き”
に原因があるそうです。

nokezori1.jpg
的をめがけて打ったテニスのサーブが
はすれたとき、見ている人がのけぞるのは、、、

見ている人は、ボールの軌道から
「当たる」と予測します。
noke2.jpg

しかし結果は「はずれ」。
見ている人は思わずのけぞります。
これは予想していなかった失敗が起きたため、
“驚き”となってのけぞってしまったのです。
noke3.jpg

「びっくり箱」の例:
   予想外の出来事に、、、
noke4.jpg
   驚いてのけぞる!
noke5.jpg
 

では、人によってのけぞり具合が異なるのは
なぜなのでしょうか?

人間のコミュニケーションの仕組みに詳しい
川合伸幸さん(名古屋大学)によると、
初対面の人のような、心の距離が遠い場合、
どんなに「おしい」場面であっても
人はあまりんのけぞりません。

しかし、一緒に運動したり、話し合ったりして
心の距離が近くなると
「おしい」場面では、のけぞるようになるそうです。

 

なんで惜しいとき「あ~」と言ってしまうか、のナゾはこちら
http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/219505.html

なんで?のカガク これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

コメントを書く

Page Top