すイエんサー

kisekiirasuto.jpg

だれでも撮れちゃう!“キセキ”の瞬間 パート2

キセキの瞬間パート1ではスマートフォンのスローモード撮影の機能を使ってチャレンジしたよ。
前回の情報はこちらから!【瞬間写真】スマホで撮ろう!

今回はスマートフォンの普通のカメラ機能でこの3つに挑戦!
①キセキの空中浮遊
②キセキの物体浮遊
③キセキの車庫


①キセキの空中浮遊
写真のように、宙に浮いて移動しているような写真が撮れるよ!
kutyuhuyu.jpg


*キセキの空中浮遊の撮り方*

  1. 片足立ちで前傾姿勢になる。
    kutyuhuyu2.png

  2. 片足でジャンプして空中で足を入れ替える。顔は前を向いて、腕は力をぬいて下にする姿勢がオススメ。
    ※撮影する時に連写モードを使うと、いい瞬間を撮りやすくなります。
    kutyuhuyu3.png

 

★どうして前傾姿勢なの?★
前傾姿勢だとスキージャンプのように飛びやすいことを人は感覚的に知っている。だから前傾姿勢を見ると脳は「飛んでいる!」と勘違いしやすいんだ。
kutyuhuyu4.png

※撮影に挑戦するときは、安全に十分、注意してね!


②キセキの物体浮遊
つみきを白い紙の上で浮いているように見せるよ!
buttaihuyu.jpg


*キセキの物体浮遊の撮り方*

  1. つみきを白い紙の上に置き、底の形にそってえんぴつで線をかき、中を塗りつぶす。塗りつぶした黒い部分から、少しずらしてつみきを置きなおすと、黒い部分が影のように見えて、浮いているように見える。
    フチをぼかし、線や塗りムラをなるべく残さないようにすると、より本物の影のように見えます。
    buttaihuyu3.png

  2. つみきを置く位置と撮影する方向を、つみきに光がどこから当たっていることにするかを考えながら調整する。
    buttaihuyu4.png

  3. 本物の影が目立ってしまう場合は、目立たないように、つみきの位置や撮影する方向などを調整する。
    buttaihuyu5.png


★なぜ影をかいただけで浮いて見えるの?★
人の脳には浮いたものの下には影ができるという常識がある。そのため、影をかいただけで浮いていると錯覚してしまうんだ。
buttaihuyu2.png


③キセキの車庫
手前の屋根は山なりに見えるのに、鏡にうつるとへこんで見える不思議な車庫の模型!
syako.png


*キセキの車庫の撮り方*

  1. 画用紙や厚紙に写真のような大きさが違う平行四辺形を並べた形をかく。
    syako2.png

  2. かいたら、その形に沿って切り抜き屋根を作る。

  3. 車の模型、おもちゃなどを置き、そのまわりに棒を立て、切り抜いた屋根をのせる。

  4. 模型の後ろに鏡を置き、手前から写真を撮る。
    syako4.png

  5. 角度によって若干見え方が違うので、山なりや、へこんで見える位置を探して写真を撮る。
    syako1.pngのサムネイル画像

 

★不思議な屋根のヒミツ★
人はテレビや本など身のまわりに長方形のものがたくさんある。だから、平行四辺形などの四角形を見ると長方形を斜めから見ていると勘違いし、立体的なものと感じてしまう。だから見る方向によって山なりに見えたり、へこんで見えたってワケ。
syako3.png


みんなもチャレンジしてみてね~!
kisekidaiseikou.png

カガクで遊ぼう これまでのワザ

固定リンク | コメント(0)

  • 友達にメールで知らせる
Page Top