makaron0004.jpg

「マカロンの作り方」について、ご質問やご意見をたくさんいただきました。
そこで、失敗を防ぐ方法やちょっとしたコツを書き加えました。
http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/258896.html

参考にしてみてくださいね。

すイエんサースタッフの言葉

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

今日の放送は、いかがでした?
これまでの「知力の格闘技」になかった、激突型の派手な競技でした。
次週はさらにヒートアップ!
なんと、各チームが作った宇宙船を正面衝突させるという過激な戦いです。
saisuta0001.jpg

そして最後は、本当に予想もつかないような劇的な結果が。。。
saisuta0003.jpg
saisuta0002.jpg

お楽しみに!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「知力の格闘技 グランプリ大会 完結編」 
1月17日(火)夜7:25~ Eテレ  
(再)1月21日(土)前10:00~ Eテレ  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

すイエんサースタッフの言葉 次回予告

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

帰宅したとき、ドアノブをさわった瞬間、、、「バチッ!」
seidenki0002.jpg

痛い!なんとかしたい!
そこですイエんサーがオススメする方法は次の3つです。

①ヒジでドアノブにふれる

人の指先には、痛みを感じるセンサーがたくさん集まっています。
seidenki0003.jpg 

しかしヒジは指先に比べると痛みを感じるセンサーの数が少ないのです。
seidenki0004.jpg

だから、ヒジでふれれば、「バチッ!」と音はして静電気は流れますが、痛みはあまり感じなくてすむのです。
seidenki0005.jpg

でも、、、できれば「バチッ!」と静電気が流れること自体を防ぎたいですよね。

そこでオススメの方法が、、、
②靴を水でビショビショにぬらしておく
体にたまった静電気が、ドアノブをさわる前に体から地面に逃げてくれていればいいのですが、、、
私たちがはく靴の多くは、底が電気を通しづらいものでできていることが多く、そのままでは静電気はにげてくれません。
seidenki0006.jpg

そこで、靴を水でぬらしておけば、(水は静電気を通すので)、静電気は地面に逃げてくれるので、「バチッ!」を防ぐことができます。
seidenki0007.jpg


でも、、、ビショビショの靴なんて、はきたくないんですけど、、、
(当たり前ですね)

そこで、最後のオススメの方法です。
③ハンカチをポケットに入れておき ドアノブをさわる前に、ポケットからハンカチを取り出し、ドアノブにハンカチをくっつける。

人は、1日にコップ1杯以上の汗をかいています。
seidenki0008.jpg

そのため、ズボンやスカートなど、肌(はだ)に近いポケットにハンカチを入れておくと、ごくわずかですが、ハンカチが水分をふくみます。
seidenki0009.jpg

水分をふくんだハンカチでドアノブにふれると、水分を通して静電気がゆっくりとドアノブに流れ、「バチッ!」を防ぐことができるのです。
seidenki0011.jpg
seidenki0010.jpg

ちなみに、、、汗をかきにくい人は、、、ハンカチをポケットに入れていても「バチッ!」ってきてしまうことも。
そんなときは、ハンカチに「ハー」と息をふきかければ大丈夫!
seidenki0012.jpg

みなさんも、ためしてみてくださいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

目指すのは、次の2つを満たす極上マカロンです。
・表面はツルツル、中は サクッ  フワッ  しっとり
・ピエがある
 ※ピエとは、生地の下の部分のプクプクしたところ
makaron0002.jpg
makaron0003.jpg

【材料】 およそ8個分(16枚分)
卵白:卵1個分
グラニュー糖:卵白と同じ量(重さ)
(お好みでチョコレートクリームなど:適量)


アーモンドパウダー:卵白と同じ量(重さ)
粉糖:卵白と同じ量(重さ)
食紅:適量

※卵白と同じ量は“重さ”で、およそ30gです。(卵の大きさによって異なります。)

【作り方】
①Aを混ぜ合わせ、ふるいにかける
makaron004.jpg

②軽く泡立てた卵白にグラニュー糖を数回に分けて入れメレンゲを作る
makaron005.jpg
makaron006.jpg

③マカロナージュする(②に①を加え混ぜながら空気を抜く)
makaron008.jpg

<マカロナージュとは?>
生地をボールにこすりつけるようにして空気を抜きながら混ぜることです。
大きな気泡を抜いてよりlきめ細かな気泡だけを残すことを目指します。
makaron009.jpg
makaron010.jpg
makaron011.jpg

ただし、マカロナージュをやり過ぎると、空気がぬけてしまい、焼いてもきれいにふくらみません。
適度なマカロナージュの目安は、ゴムべらですくってたらしたときの波模様。
20秒ほど消えずに残るくらいがオススメです。
makaron013.jpg
makaron0001.jpg

④生地を鉄板にしぼる
makaron014.jpg

⑤110度にオーブンを予熱し、いったん予熱を止めて生地を入れ、2分間放置して乾燥させる。
makaron018.jpg
makaron019.jpg

2分間たったら、一度取り出します。
(オーブンから出した直後はまだ乾燥がたりないかもしれません。
次の⑥の再予熱が終わるまで放置するのをオススメします。)

目安は、さわっても指に生地がつかないくらいです。
makaron020.jpg
makaron022.jpg

⑥オーブンを180度で再予熱したのち、130度で12分焼く
makaron024.jpg

(うまく乾燥していたら、ピエができる様子が見えますよ。)
makaron017.jpg

焼き上がりはこちら。きれいですね。
makaron025.jpg

あとは、お好みで、チョコレートクリームなどをはさんだら、、、
makaron028.jpg

完成!
makaron001.jpg
makaron0004.jpg


実際に作ってみたけどうまくできなかった、という書き込みやメールをいただきました。
そこで、失敗の原因や、きれいに作るコツをまとめました。

【表面が割れてしまった】
★考えられる原因その1 「マカロナージュが たりなかった」
生地の中の空気がたくさん残っていたので、
焼いてふくらんだ時に、生地の中の空気が多すぎて生地が割れてしまったのかも。
マカロナージュしたとき、ゴムべらで生地を持ち上げて たらした時にできる波模様が、
20秒間かけてゆっくり消えていくぐらいを目安にしてみて下さい。

★考えられる原因その2 「乾燥が たりなかった」
マカロンがうまくできるかどうかは、作るときの湿度に大きく関わっています。
また、オーブンもメーカーによって加熱具合が異なりますので、
そのため乾燥時間は、調整が必要な場合があります。(番組でご紹介した時間や温度はあくまでも目安です)
『2分』よりも、乾燥時間を少し延ばしてみてください。

【表面がキレイにならなかった】
★考えられる原因その1 「生地の表面にできる気泡」
生地を天板に乗せると、絞り袋に生地を入れた時に入った空気などによって、気泡ができてきます。
この気泡を つまようじなどでつぶすことで表面がキレイになります。 

★考えられる原因その2 「乾燥時間が長すぎた」
乾燥のため、2分間オーブンに入れた後、オーブンから出した時にシワがよってしまった、という場合は、
時間が長すぎ、少し生地が焼けしてしまったのかもしれません。
時間を短く(1分ほどに)して、オーブンから出すと丁度いいかもしれません。

★考えられる原因その3 「マカロナージュをやりすぎた
焼き上がったときにシワシワになってしまった場合は、マカロナージュをやりすぎてしまったのかもしれません。
マカロン生地がサラサラになってしまい、天板にしぼったときに厚みを持たせることができず、
焼いた時に水分の蒸発で表面が蒸れて、シワになってしまったことが考えられます。
マカロナージュの時間を短くし、生地がサラサラになってしまう前にやめてみると、シワが防げるかも。

これまでの放送

固定リンク | コメント(40) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

【用意するもの】
コーヒー
コーヒーカップ
見本になる絵や写真
ラップ
オブラート
チョコレートペン

【作り方】
見本になる絵や写真を用意し、ラップをかぶせる
rateart47.jpg
↓ ↓ ↓
rateart48.jpg

オブラートをのせる
rateart49.jpg

オブラートの上からチョコレートペンで、見本に沿って絵を描く
rateart50.jpg

チョコレートが固まったらオブラートをラップからはがし
コーヒーの上にオブラートごと浮かべる
rateart51.jpg

rateart52.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

【用意するもの・材料】
ホット用ペットボトル
ミルクピッチャー(注ぎ口の細い容器で代用できます)
コーヒーカップ
インスタントコーヒー 5g
砂糖 15g
湯 20ml
牛乳 170ml
rateart9.jpg

【作り方】
①コーヒーカップにインスタントコーヒーと湯を入れ、コーヒーを作る
②牛乳を40度に温める
③ペットボトルに、温めた牛乳と砂糖を入れる
rateart10.jpg

④ペットボトルのキャップを閉めて2分間ふって泡立てる
砂糖を入れるのがポイント!
砂糖は液体に加わると粘りを出す性質があります。
この粘りによって泡が割れづらくなります。
砂糖あり、砂糖なしで比べてみると、、、
砂糖なしはペットボトルを振った後、すぐに泡が消えてしまいますが、
砂糖ありは、泡がしっかり残っています。
rateart13.jpg
↓ ↓ ↓
rateart12.jpg

ということで、砂糖を加えてシェイクし、ミルクピッチャーに移す
rateart14.jpg
↓ ↓ ↓
rateart15.jpg

⑤泡立てた牛乳をコーヒーの入ったカップに注ぐ
注ぎ方のポイント その1 <泡の浮かべ方>
コーヒーカップをななめにして注ぐ
rateart45.jpg
↓ ↓ ↓
rateart46.jpg

注ぎ方のポイント  その2<ハートの描き方
泡をまるく浮かべる
rateart19.jpg
↓ ↓ ↓
rateart22.jpg

まるいラインの少し内側に移動し、高い位置から注ぎ、そのままキープ
rateart24.jpg
↓ ↓ ↓
rateart26.jpg

注ぐ勢いで、泡とコーヒーが表面から下へ引き込まれる
(図はコーヒーカップを真横から見た様子)
rateart31.jpg

泡とコーヒーが図の × 印に向かって流れ、
牛乳の泡の部分に、コーヒーが入り込み、ハートの割れ目の部分ができる
rateart32.jpg
↓ ↓ ↓
rateart34.jpg

高さをキープしたまま、まるいラインの少し外側まで一直線に移動しストップ
rateart36.jpg
↓ ↓ ↓
rateart37.jpg

表面のコーヒー部分に泡が流れ込み、ハートのとがった所ができる
rateart38.jpg
↓ ↓ ↓
rateart39.jpg

完成!
rateart40.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(4) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

すイエんサーガールズへのミッション 「金をゲットするまで帰れない」
ogonget36.jpg

山梨県の金山を訪ねたが、金を見つけることができなかったすイガールに
九州大学名誉教授の井澤さんがヒントをくれた。。。
 「砂金を探したら?」
ogonget65.jpg

金山から川に流れた金は“砂金”と呼ばれ、国内のおよそ90%の川で砂金が採れるというのだ。
ogonget64.jpg

さらに砂金ハンターの大森さんによると、埼玉県の荒川という川で砂金がとれるとのこと。
しかし、砂金は重たいため、砂の上だと どんどん沈んでしまいとるのが難しいという。
ogonget8.jpg

そこで大森さんが向かったのは、水のない岩場。
ogonget12.jpg

実は落ちている丸い石が砂金がとることができるポイントのヒントになっている。
(川の石は水流によって、石同士が何度もぶつかり合い、角が取れて丸くなった石が多くある)
ogonget10.jpg

【岩場(水のない場所)に砂金がある理由】
今、すイガールがいる場所は陸地だが、、、
ogonget13.jpg

たくさん雨が降ったときは、川の水が押し寄せ、すイガールのいる岩場も川底になるという。
ogonget14.jpg

さらに、大森さんによると、
上流から流れてきた砂金は、、、
ogonget15.jpg

草にぶつかって、、、
ogonget16.jpg

下にしずみ、根に からまるという。
また、下に岩があれば、これ以上しずむこともない上に、、、
ogonget17.jpg

水が引けば流されることもなく、とどまっているというのだ!
ogonget18.jpg


【岩場の根から砂金を取り出す方法】
根にくっついている土を落とさないように、慎重(しんちょう)に掘り出していく。
ogonget19.jpg

草ごとお皿にのせたら水辺に行き、根を洗って土をお皿の中に落とす。
ogonget20.jpg

慎重に余分な土や石を捨てていく。
ogonget21.jpg

 大森さんに教えてもらったポイントと方法でやってみると、お皿に光る粒が・・・
ogonget24.jpg

 いきなり金発見!!
ogonget25.jpg

さらに砂金探しを続けると、大小あわせ全部でなんと、16粒の砂金を発見!
ogonget26.jpg

専門の機関に分析をお願いして調べてみたら、間違いなく金だと判明!
なんと純度94.9%!大成功!!! 

砂金採りに関する注意
川に入ることが禁じられている場所があります。また、雨などで増水した後は、危険です。
安全には十分気をつけて下さい。

これまでの放送

固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

「金をゲットするまで帰れない」
ogonget35.jpg

このミッションをクリアするため、すイエんサーガールズが訪ねたのは東京・銀座の貴金属店。
お店の方のお話しでは、金がとれるのは“金鉱山“(きんこうざん) とのこと。
ogonget39.jpg

実は日本には、かつて500以上の金鉱山(金がとれる山)があったらしい。
ogonget5.jpg

そこで、次に向かったのは、武田信玄の隠し金山だったという山梨県の湯之奥金山。
博物館の学芸員、小松さんの案内で山に登り、、、
ogonget34.jpg

戦国時代から江戸時代にかけて使われていた作業場のあとに到着。
ogonget42.jpg

小松さんの話しでは、周辺に落ちている「ずり」(金ととるときに くだいた鉱石のカスが固まったもの)に金が含まれている可能性があるとのこと。
ogonget33.jpg

そこで、ずりを集め、500年前と同じの方法で、金を取り出すことに。
ogonget45.jpg

その方法は、、、
①火を起こした後、とってきた石を中に放り込む。
ogonget46.jpg

②およそ30分間、熱したら、石を取り出し、今度は水の中に入れて急激に冷やす。
ogonget47.jpg

③水から取り出した石をハンマーでたたいて 細かくする。
ogonget48.jpg
ogonget49.jpg

【固いずりが、熱してから冷やすと、細かくできる理由】
石を30分熱すると見た目にはわからないがほんの少しだけ大きく ふくらむ。
ogonget11.jpg

それを水に入れると 急激に冷やされた外側だけが元に戻ろうと ちぢむ。
ogonget28.jpg

だが、内側はまだ熱くふくらんだままなのでひび割れがおこる。
ogonget29.jpg

そのため、超簡単に割れるのだ。
ogonget30.jpg
ogonget53.jpg

④小石ほどの大きさにしたら、さらに石臼(いしうす)を使って粉々にしていく。
ogonget31.jpg

⑤水と金の重さを利用して金を探す。
そのやり方は、、、
砂が入った皿を水に入れフリフリ ゆする。
ogonget32.jpg

すると、普通の石粒に比べ金ははるかに重いため、下の方に沈んでいく。
ogonget1.jpg
ogonget2.jpg

次に、皿を回しながら、上の方にある余分な石粒を外に捨てていく。
ogonget3.jpg

もし金の粒が入っていればとても重いため、水に流されることなく皿の底に動かず残る。
ogonget4.jpg

・・・しかし、今回は 「ずり」から金を見つけることはできませんでした。残念!
(「黄金をゲットする方法 その2」へつづく)

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

今日の放送はいかがでしたか?日本中に金山がたくさんあったなんて、ちょっとビックリです。
しかも、なんと、日本の川のほとんどで金が取れる!?ホントなの?
ということで、次回は、いよいよ 砂金とりに挑みます。
ogon28.jpg

でも、川のどこを探せば金が見つかるんでしょうか?
意外なところにあるらしい のですが、、、どこだと思いますか?
ogon24.jpg

「見つけるまで帰れない・・・」すイガールたちは、必死に金を探します。
そしてついに、金をゲット!?「お金もち」になれる?
ogon27.jpg

お楽しみに!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「黄金をゲットしてお金もちになろう!SP」 
11月29日(火)夜7:25~ Eテレ  
(再)12月3日(土)前10:00~ Eテレ  
ゲスト:はるな愛 すイガール:前田希美、山根千佳、岡田帆乃佳◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

【材料】
・半紙4枚
・セロハンテープ
 (セロハンテープは半紙と半紙をつなぐためだけに使える)
vlcsnap-2016-11-22-18h17m02s125.jpg
vlcsnap-2016-11-22-18h17m14s247.jpg

【競技のルール】
競技のコースは5メートルの高さからつるしたロープ
半紙で作った構造物にロープを通して、上から落とす
tiryokunisi7.jpg
tiryokunisi6.jpg
tiryokunisi10.jpg

構造物を「いかにゆっくり落とすことができるか」を競う
tiryokunisi4.jpg

測定は2回行い、記録のよいほう(落ちるまでの時間が長い方)をチームの記録とする
tiryokunisi23.jpg

途中でロープにひっかかり、5秒以上動かなくなると、その測定の回は「記録なし」
tiryokunisi21.jpg

製作タイムは60分
tiryokunisi12.jpg

構造物とロープの摩擦(まさつ)と、空気抵抗(ていこう)をどれくらい強くすることができるかが勝敗のカギ
tiryokunisi20.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる