へなちょこスイングだって、コツさえつかめば日本最速の剛速球を打ち返すことができます!
野球やソフトボールで「打つのが苦手」というあなたに、きっと役立つ方法です。
batting29.jpg

ポイントは3つです。
①バットを軽くにぎる
②目のストレッチで動体視力を高める
③バットをボールの通り道にそって水平にふる

①バットを軽くにぎる
時速165キロのボールは、ピッチャーが投げてからバッターに届くまでおよそ0.4秒。
すばやくバットをふらないと、おくれてしまいます。
では、どうすれば バットを速くふることができるのでしょうか?

筑波大学准教授の川村さんによると
力んでバットを強くにぎると、関節部分にある筋肉にも力が入ってしまいます。
すると、腕をすばやく動かせなくなってしまうそうです。
batting1.jpg 
batting2.jpg

バットを軽くにぎると、腕全体がリラックスした状態になります。
すると、腕がふりやすくなり、スイングスピードが上がるそうです。
batting3.jpg
batting4.jpg

すイエんサーボーイズがためしてみると、確かに軽くにぎると、速くバットがふれるようになりました。
※野球経験がないすイエんサーボーイズが、時速165キロのボールを投げるピッチングマシーンに挑戦しました。
batting5.jpg


②目のストレッチで動体視力を高める
すイエんサーボーイズが、川村さんに言われるがままに、パネルに顔をはめて、ちょっと変わった特訓(視力検査?)を行いました。
その特訓とは、、、2人の野球部員が交互にボードを出します。ボードに書いてあるのは、視力検査のときに使われる「1か所があいている輪っか」の図。
輪っかのあいている方向を答えるというものです。
batting6.jpg
batting7.jpg
この特訓を行ったあとに動体視力を測定すると、成績がアップしました。

川村さんによると「目だけを動かす目の準備運動」をすれば動体視力がよくなるとのこと。
特訓では、顔が固定されているので目だけを動かしてボードを見ていました。これが動体視力をよくするための目の準備運動になっていたのです。

でも、普段からものを見るときには、目を動かしていると思うのですが、、、?
ところが川村さんのお話しでは、人は動くものを見るとき、顔ごと動かしていることが多く、目の筋肉はあまり使っていないそうです。
batting8.jpg

batting9.jpg

しかし、野球のボールのようにとても速く動くものを見るときは、目を動かさないと追いつきません。
普段使っていない目の筋肉は、急には動きづらいのだそうです。
batting10.jpg
batting11.jpg

だから、あらかじめ目の筋肉をほぐしておけばよいのです。

【 目の筋肉をほぐす方法 】
①顔の上と下に指を出し、交互にくり返し見る。
batting27.jpg

②顔の左右に指を出し、交互にくり返し見る。
 batting26.jpg

 ③指を前後にズラし、交互にくり返し見る。
batting28.jpg

 ※この3つの「目のストレッチ」を、15秒3セットほど行うのがオススメです。


③バットとボールの通り道にそって(水平に)ふる
さらに、川村さんに、バットをボールに当てやすい打ち方を伝授してもらいました。
まずはボールの通り道をひもで作り、その通り道にそってバットを水平にふる、という打ち方です。
batting17.jpg
batting18.jpg

今までは、バットを上から下へ ふり下ろすようにスイングしていました。
しかし、このふり方だと、バットの動きとと、ボールの通り道の重なりが少なく、バットをボールに当てにくいのです。
batting19.jpg
batting20.jpg

そこで、ボールの通り道にそって、バットを水平にふります。
すると、バットの動きとボールの通り道の重なりが大きくなり、当てやすくなるのです。
batting22.jpg
batting23.jpg

3つのポイントをおさえて、すイエんサーボーイズが再び時速165キロに挑戦すると、、、
見事、3人ともヒットを打つことができました。
batting25.jpg

みなさんも試してみてくださいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(4) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

houseki30.jpg

お金もちになりた~い!という願いをかなえる企画第2弾!今回は「宝石」ゲットをめざします。
houseki23.jpg

まず向かったのは、、、デヴィ夫人のお宅。
実はデヴィ夫人は、宝石のコレクターでもあり、宝石について大変お詳しいとのこと。
houseki1.png

宝石の中でも、ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、ルビーの4つは
とても価値が高く「4大宝石」とも呼ばれているそうです。
houseki8.png

「やっぱ、ダイヤモンドがほしいよね~」と思ったけれども、
デヴィ夫人によると「日本ではダイヤモンドはとれない」んですって!

ダイヤモンドは、地下150kmよりも深いところで作られ、
マグマによって地上近くまで運ばれてくるので、とることができるらしい。
houseki9.png
houseki34.png

でも、日本では、マグマは浅いところからしか出てこないので、ダイヤモンドはとれないそうです。
houseki10.png
houseki11.png

※愛媛県でダイヤモンドがとれた、という記録がありますが、大きさは1000分の1mm程度と、とても小さいものだったそうです。

ダイヤモンドはムリみたい。。。残念!
そこで、インターネットで調べてみると、なんと「奈良県香芝市」でサファイヤがとれるらしい、ということがわかりました。
香芝市役所に取材をしてみると、「確かにとれる場所がある」とのこと。

すイエんサーガールズは、早速、香芝市へ。

香芝市役所の奥田さんにお話しをうかがったところ、市内の竹田川という川でサファイヤがとれるとのこと。
竹田川は、二上山(にじょうざん)という山から流れている川で、二上山は、今から1600万年前に大噴火を起こし、その時、いろいろな物質が生まれたらしいのです。

中でもたくさん生み出されたのが、宝石としても知られている「ガーネット」という石。
houseki13.png

マグマが冷えていくとき、中ではさまざまな成分が集まって固まり、粒になるという。その一つがガーネット。
houseki14.png
houseki15.png
houseki35.png

ガーネットは、紙やすりなどに使う材料としても利用できるため、かつて香芝市ではガーネットを盛んに掘り出していたそうです。
ところが60年ほど前、竹田川周辺に限っては、このガーネットだけでなく、サファイアもとれることが分かりました。

奥田さんから教えてもらった場所に行ってみると、、、そこはいたって普通の川。
本当にサファイアが見つかるのか?
houseki28.jpg
※奈良県庁から許可を得て撮影しました。

すイガールが川の底の砂利からサファイアを探し始めると、一部の砂が赤いことにきづきました。
houseki29.jpg
houseki40.jpg

石の収集家・村井さんのお話しでは、今は竹田川の周辺には田んぼが広がっているが、昔は田んぼではなく、金剛砂(こんごうしゃ(=ガーネットのこと))の採掘場だったそうで、今も川には大量のガーネットがあるという。

さらに村井さんによると、サファイアとガーネットは重さ(比重)が同じくらいなので、ガーネットがたまりやすい場所に、同じ重さのサファイアも流れつくのだそうです。
houseki5.png
houseki6.png

村井さんのアドバイスにしたがって、ガーネットの中を探してみると、、、
なんと、サファイアを発見!!!
houseki38.jpg
houseki37.jpg
houseki39.jpg

表面には宝石の証、成長痕(せいちょうこん)といわれる線がいくつもはっきりと。
houseki7.png

3人あわせて、合計で6粒のサファイアをゲットすることに成功!
houseki31.png

※場所によっては川に入るのが禁じられている場所があります。また、雨などで増水した後は、危険ですので安全には十分気をつけて下さい。

(すイガールがゲットしたサファイアの一部を分析したところ、間違いなくサファイアであることがわかりました。)

しかし、今回すイガールがとってきたサファイアの合計金額は・・・0円。
小さすぎて加工ができないため商品としてあつかえないとのこと。

お金もちへの道は遠く険しい、、、

これまでの放送

固定リンク | コメント(2) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

makaron00001.jpg

大好評の「マカロン」
さらにいただいた質問にお答えしています。
詳しくはこちらをご覧下さい!
http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/258896.html


hamagurikani0006.jpg
番組でご紹介した“すイエんサー流 ハマグリ&カニ”の食べ方です。

まずはカニの身の食べ方。
hamagurikani0003.jpg

「カニを道具を使わずきれいに食べる方法 ~脚(あし)編~」は
こちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/233673.html

つづいて、、、
hamagurikani0004.jpg
「カニを道具を使わずきれいに食べる方法 ~爪(つめ)編~」は
こちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/234063.html

そして、ハマグリ。
hamagurikani0001.jpg
「ハマグリを身が下になる焼き方」は
こちら  http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/214088.html

みなさんも、試してみてね!

まずは「脚」の身の食べ方です。
(「爪」の身を食べる方法はこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/234063.html
kanikani17.jpg

脚をポキッ!っと折るのですが、
「折る場所」と「折り方」がポイントです。

ポイント1
「脚を折る場所は、側の関節に近いところ」
カニの脚の身を食べると、身の中に透明のスジがありますよね。
このスジは「腱(けん)」といいます。
kanikani20.jpg

この腱(けん)は、
脚先側は関節につながっています。
胴体側にはつながっていません。
kanikani22.jpg
kanikani23.jpg
kanikani24.jpg

そこで脚先に近いところを、ポキッ!っと折れば
腱(けん)といっしょになっている身を
殻からキレイに抜き出すことができるのです。
kanikani25.jpg
kanikani26.jpg
kanikani27.jpg


ポイント2

「脚の折り方は両手と親指の3点で」

モノを折るときに、
2点で折ろうとすると大変です!(写真左)
3点で折れば、力を集中させることができるので
折りやすくなります。(写真右)
kanikani3.jpg
 ↓ ↓ ↓
kanikani4.jpg

そこで、カニの脚を折るときも、
親指を使って折る力を集中させるのがコツです。
kanikani12.jpg
kanikani13.jpg
kanikani14.jpg
kanikani15.jpg

さらに、、、
カニは、赤いところ(上側、表側)よりも
白いところ(下側、裏側)のほうが やわらかいので、
白いところが外側になるように持って折ると
もっと折りやすくなります。
kanikani45jpg.jpg

道具を使って楽しくカニを食べる方法
もあります!
1、関節の内側1㎝のところを両側とも切る
2、切り口が太いほうを下に向ける
3、お皿に向かって振り下ろす
kanikani48.jpg  kanikani46.jpg

振り下ろす際のポイント
写真のユージさんのように、片方の手を振り下ろし、
片方の手で腕を抑えると身がより出やすい。

身の中に、スジ(けん)が残っているので
気をつけて食べて下さい。

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

ハマグリの内部で貝が開かないようにしているのが「貝柱」です。
hama10.jpg

しかし、ハマグリを焼いたり、アサリを煮たりすると貝は開きます。
これは熱によって貝にくっついている貝柱が離れるからです。
ではハマグリを身が下になるように焼くにはどうすれば?
実はトースターなどを使って 上から加熱すればよいのです!
hama11.jpg
hama12.jpg
hama14.jpg

おうちでハマグリを食べるときは、これでOK!!!

でも、、、
バーベキューなどではトースターなんてありません。。。
いったいどうすれば?
hama16.jpg

そこですイエんサーガールズは考えました。
ハマグリを焼いているときに貝が少しでも開いていると、熱が外へ逃げてしまう。
もし、貝を閉じたまま焼くことができれば、熱が外へ逃げません。
すると貝の内部で、上のほうにも熱が届くので、上の貝柱もはずれるはず。
hama2.jpg
hama3.jpg
hama4.jpg

そこで行き着いたのがアルミはく。
貝が開いて熱が逃げないようにしっかり包んで焼く。
hama5.jpg
hama6.jpg
hama18.jpg

何度も焼いて調べた結果、6分焼いて1分蒸らすと
身が下について、最もおいしく焼けることがわかりました。
hama7.jpg
hama8.jpg

みなさんも試してみてくださいね!

これまでの放送

固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

(「脚」の身を食べる方法はこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/233673.html

カニの爪の身も、道具を使わず食べちゃいます!
使うのは、、、「カニのハサミ」です。
kanikani28.jpg

多くのカニのハサミの部分は
獲物をつかんで、切ったりつぶしたりする役割があるため
最も硬くなっています。
kanikani38.jpg
kanikani39.jpg

この“最も硬い”ハサミを使い
「てこの原理」で力を加えることで
小さい力で殻を割ることができるのです。
kanikani40.jpg
kanikani43.jpg

実際にすイエんサーガールズが挑戦すると・・・
kanikani31.jpg
kanikani32.jpg
 kanikani33.jpg
 kanikani34.jpg

ほら、こんなにキレイに
身が取り出せました!
kanikani37.jpg

みなさんも、是非、試してみて下さいね! 

これまでの放送

固定リンク | コメント(2) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

makaron0004.jpg

「マカロンの作り方」について、ご質問やご意見をたくさんいただきました。
そこで、失敗を防ぐ方法やちょっとしたコツを書き加えました。
http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/258896.html

参考にしてみてくださいね。

すイエんサースタッフの言葉

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

今日の放送は、いかがでした?
これまでの「知力の格闘技」になかった、激突型の派手な競技でした。
次週はさらにヒートアップ!
なんと、各チームが作った宇宙船を正面衝突させるという過激な戦いです。
saisuta0001.jpg

そして最後は、本当に予想もつかないような劇的な結果が。。。
saisuta0003.jpg
saisuta0002.jpg

お楽しみに!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「知力の格闘技 グランプリ大会 完結編」 
1月17日(火)夜7:25~ Eテレ  
(再)1月21日(土)前10:00~ Eテレ  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

すイエんサースタッフの言葉 次回予告

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

帰宅したとき、ドアノブをさわった瞬間、、、「バチッ!」
seidenki0002.jpg

痛い!なんとかしたい!
そこですイエんサーがオススメする方法は次の3つです。

①ヒジでドアノブにふれる

人の指先には、痛みを感じるセンサーがたくさん集まっています。
seidenki0003.jpg 

しかしヒジは指先に比べると痛みを感じるセンサーの数が少ないのです。
seidenki0004.jpg

だから、ヒジでふれれば、「バチッ!」と音はして静電気は流れますが、痛みはあまり感じなくてすむのです。
seidenki0005.jpg

でも、、、できれば「バチッ!」と静電気が流れること自体を防ぎたいですよね。

そこでオススメの方法が、、、
②靴を水でビショビショにぬらしておく
体にたまった静電気が、ドアノブをさわる前に体から地面に逃げてくれていればいいのですが、、、
私たちがはく靴の多くは、底が電気を通しづらいものでできていることが多く、そのままでは静電気はにげてくれません。
seidenki0006.jpg

そこで、靴を水でぬらしておけば、(水は静電気を通すので)、静電気は地面に逃げてくれるので、「バチッ!」を防ぐことができます。
seidenki0007.jpg


でも、、、ビショビショの靴なんて、はきたくないんですけど、、、
(当たり前ですね)

そこで、最後のオススメの方法です。
③ハンカチをポケットに入れておき ドアノブをさわる前に、ポケットからハンカチを取り出し、ドアノブにハンカチをくっつける。

人は、1日にコップ1杯以上の汗をかいています。
seidenki0008.jpg

そのため、ズボンやスカートなど、肌(はだ)に近いポケットにハンカチを入れておくと、ごくわずかですが、ハンカチが水分をふくみます。
seidenki0009.jpg

水分をふくんだハンカチでドアノブにふれると、水分を通して静電気がゆっくりとドアノブに流れ、「バチッ!」を防ぐことができるのです。
seidenki0011.jpg
seidenki0010.jpg

ちなみに、、、汗をかきにくい人は、、、ハンカチをポケットに入れていても「バチッ!」ってきてしまうことも。
そんなときは、ハンカチに「ハー」と息をふきかければ大丈夫!
seidenki0012.jpg

みなさんも、ためしてみてくださいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる