hasibirokouSP.jpg

ハシビロコウについてはこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/251570.html
カピバラについてはこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/247853.html

すイエんサースタッフの言葉

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

①群れの中に1頭しかいない「レアカピバラ」を探す
capibara3.jpg

にコブがあるのがオス、ないのがメスです。
capibara4.jpg

カピバラは10~20頭の集団で生活しますが、リーダーの役目をはたすのは大人のオス1頭だけで、群れに1頭しかいません。(野生のカピバラでは、大人のオスが複数いる場合があります)

このコブがある「レアカピバラ」の写真をとるには、しゃがんで、カメラの位置をカピバラの頭の高さまで下げるのがオススメです。(コブを強調した写真がとれます。)
capibara6.jpg

②水面からちょこんと顔を出す姿を狙う
カピバラの顔をよく見ると、目、鼻、耳が頭の部分の上の方にあります。
capibara9.jpg

これは、水辺に生きるカピバラが水の中に逃げ込んだとき、体を水中にかくし、顔をちょこんと出すことで、周囲を警戒し行動するため、と考えられています。

capibara10.jpg
この姿がとってもカワイイ!
水面の高さから撮影すると、、、超キュート!
capibara11.jpg


③泳ぐ姿もカワイイ!
capibara14.jpg
カピバラが“犬かき”で泳ぐ様子も、とってもかわいいんです。実は5分間も潜ったままでいられるんだそうですよ。
capibara13.jpg

④しっぽ(?)をなでる
カピバラのおしりをよく見ると、でっぱりを発見。
capibara16.jpg
capibara24.jpg
このでっぱりは、しっぽが退化したものを考えられています。

でっぱりをなでてあげると、つい気持ちよくなって(?)「フニャフニャゴロ~ン」としてしまうのです。
capibara26.jpg
capibara27.jpg
目を細めて、ウットリしているみたい。超かわいい!

⑤ゴロ~ンとしているときがチャンス!
寝転がっているときにしか見えないカピバラの肉球をよく見ると、、、
capibara28.jpg

肉球が、、、ハート型!!!
capibara29.jpg
capibara30.jpg
なんてハートフルな!かわいすぎる!

これまでの放送

固定リンク | コメント(8) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

animalalbum001.jpg
番組でオススメするハシビロコウのかわいい姿とは次の3つです。

①横顔がかわいい!
ハシビロコウは、正面から見るとちょっとコワイ顔に見えます。
hasibirokou1.jpg

しかし横から見ると、くちばしが上向きにカーブしていて、なんだか笑っているように見えてかわいい!
hasibirokou2.jpg
実は多くの鳥は、くちばしが下向きにカーブしています。ハシビロコウのような“笑ったように見える”くちばしは、とてもめずらしいのです。
hasibirokou4.jpg

ほら、そう聞くと、さらにかわいく見えてきませんか?
hasibirokou14.jpg

②じ~っと動かないでいる姿がかわいい!
動物園にいるハシビロコウを見ると、ほとんど動きません。
番組スタッフが観察したところ、4時間もの間(!)ほとんど移動しませんでした。
hasibirokou28.jpg

実はこの、”じ~っと動かない”のは、ハシビロコウならではの習性なのです。

野生のハシビロコウの主な獲物はハイギョという魚です。
hasibirokou8.jpg

では、沼などを泳ぎ回るハイギョをどのようにとらえるのでしょうか。
ハシビロコウは、ハイギョを探して動き回ることはしません。
1箇所でじ~っと動かずに、ハイギョが近づくのをひたすら待つのです。
hasibirokou9.jpg

そしてハイギョが近づいた瞬間、一気にとらえるのです。
hasibirokou10.jpg


ハイギョが近づくのをひたすら待ち続ける、、、ハシビロコウって、なんて けなげな鳥なんでしょう!超かわいい!
hasibirokou13.jpg

③おじぎをする姿がかわいい!
ハシビロコウは人におじきをします。といっても、だれにでもするわけではありません。
すイエんサーガールズがいくらおぎじをしても、こんな感じで全然ダメ。
hasibirokou16.jpg

では、いつもハシビロコウのお世話をしている飼育員さんが おじぎ をすると、、、
hasibirokou18.jpg

なんと、あの、ほとんど動かないハシビロコウが、おじぎ をしたのです!超かわいい!
hasibirokou21.jpg
hasibirokou23.jpg

ハシビロコウの おじぎ は、本来はオスとメスがお互いに対して行う求愛行動だと考えられています。
hasibirokou26.jpg

動物園ではお世話をしてくれる飼育員さんに喜びや愛情を示すために行うと考えられています。
hasibirokou25.jpg

とってもカワイイですよね。そんな一瞬の写真を撮っちゃいました!
hasibirokou24.jpg

みなさんも、動物園に行って、決定的なカワイイ一枚を狙ってみて下さいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(2) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

すイエんサーオススメの方法こちら。
「髪(かみ)を根元からぬらし、いろいろな方向に 引っ張りながらかわかす」

【解説】
くせ毛の人の髪は、根元から曲がって生えているので、髪同士が からまっています。これがボリュームが多くなってしまう原因と考えられています。

maegamikusege37.jpg

そこで髪をいろいろな方向に引っ張ってあげると「髪同士のからまり」がほどけ、ボリュームがおさまるのです。

maegamikusege39.jpg
maegamikusege40.jpg
maegamikusege41.jpg

また、髪には、ぬらすと形が自由になり、かわくとそのまま固まるという性質があります。

maegamikusege44.jpg

くせ毛の人は、髪がぬれて形が自由なうちに いろいろな方向にまっすぐ引っ張りながらかわかすと、1本1本の毛がまっすぐになりやすいのです。

「髪(かみ)を根元からぬらし、いろいろな方向に 引っ張りながらかわかす」
使うのは「きりふきとドライヤー」だけ。やり方は、
・きりふきで、根元からしっかりぬらす
・髪を根元から毛先にかけて引っ張りながらドライヤーでかわかす。
この方法を実践してみました。その違いは明らか!
髪の根元のからまりがほどけてまっすぐになり、髪全体のボリュームをおさえることができました。

maegamikusege43.jpg

みなさんも試してみてくださいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

maegamikusege00.jpg

前髪をまっすぐ切るきるために大切なこと、それは「一度に切る髪の毛の量を減らす」ことです。

その理由は、ハサミの「モノを切る仕組み」にあります。
ハサミは2つの刃でモノを押しつぶすようにして切っています。
 maegamikusege15.jpg

しかし、切るモノに厚みがありすぎると、切れる前に押す力が刃先の方に向かってしまい、切りたいモノが刃先へと、すべってしまいます。
maegamikusege16.jpg

髪の毛も同じです。毛の量が多く厚みがありすぎると、刃先のほうにすべってしまいます。
maegamikusege17.jpg
maegamikusege18.jpg

すると刃先にしたがって髪が長くなり、曲がってしまうのです。
maegamikusege19.jpg

では、一度に切る髪の毛の量を減らすには どうすればいいのでしょうか?
前髪の場合、3段階に「ブロックわけ」するのがオススメです。
maegamikusege20.jpg

ブロック分けして前髪をまっすぐに切るためには、ポイントが3つあります。

ポイント①
髪の毛が刃先のほうにすべらないよう、指を優しくそえるようにして髪をおさえる。
maegamikusege21.jpg

ポイント②
髪の毛がすべりやすいので、刃先の部分を使わない。刃の付け根の部分を中心に少しずつ切っていく。
maegamikusege22.jpg


ポイント③
先に切りそろえた1番目のブロックのラインにあわせて、2番目のブロック、3番目のブロックを切る。
2番目のブロックを切る場合、1番目のブロックと2番目のブロックをいっしょに指ではさみ、1番目のブロックにそろえて切る。(3番目のブロックも同様)
こうすれば、まっすぐ切りそろえられます。
maegamikusege23.jpg
maegamikusege24.jpg
maegamikusege26.jpg

また、毛先の髪の量が多すぎる場合は、、、
(↓左の写真のほうは、ちょっと髪が多すぎますよね)
maegamikusege29.jpg

横から見ると、角張って、まるでヘルメットみたいです。
maegamikusege30.jpg

毛先を自然な感じにするにはどうすればいいのでしょうか?
その方法とは、、、「ハサミをたてにして切る」です。
maegamikusege31.jpg

ハサミをたてにして切ると、どうして自然な感じにできるのでしょうか。
髪の毛の先をよく見てみると、実はあちこちに向いています。
maegamikusege32.jpg

ハサミをたてにして切ると、切れる髪と切れない髪ができるので、前髪をまばらに短くできるのです。
maegamikusege33.jpg

そのほか、指を添えて前髪を切る時の注意点があります。
maegamikusege35.jpg

引っ張ったり、ぬらしたり切ると、前髪を切りすぎてしまうことになります。指で軽くおさえる程度にして切るようにしましょう。

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

(「ドッジボール必勝法!(ボールのよけ方)はこちらhttp://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/247081.html
dodgeball2001.jpg
今回はボールを、遠くまで正確に投げることを目指します!
ポイントは2つポーズです。
1)おこったライオンのポーズ
2)ボルトのポーズ

 1)おこったライオンのポーズ
dodgeball2012.jpg

このポーズではひじが上がり遠くまで投げられるようになります。
ひじが低いと、腕(うで)は肩(かた)までしかたおすことはできません。
dodgeball2005.jpg

ところが、ひじが高いと腕は肩よりも後ろに倒すことができるようになります。
dodgeball2006.jpg

実はひじの高さによって、肩の動く範囲が変わるのです。
腕の骨は、肩の骨のくぼみの部分にすっぽりハマったり、ズレたりしています。
dodgeball2008.jpg
dodgeball2009.jpg

ひじを下げると、くぼみからズレて収まりが悪くなります。
すると、脱臼しないよう、肩の周りの筋肉などがブレーキをかけるので、腕が後ろに倒れにくくなります。
dodgeball2010.jpg

一方、ひじを上げ骨がすっぽりとハマると、動きやすい状態になり、腕を大きく後ろに倒せるようになります。
すると、腕を振ることができる範囲が広くなり、遠くまでボールを投げられるようになるのです。
dodgeball2011.jpg

イメージは、「ガオ~」と おこったライオンのようにヒジを上げて、そのまま爪で相手をひっかくように振り下ろします。こうすると、遠くまでボールを投げることができますよ。
dodgeball2012.jpg

2)ボルトのポーズ
ボルトのポーズには、ボールを遠くに正確に投げるために大切な「体の向き」の要素がすべて入っています。
dodgeball2022.jpg

特に大きいのが、投げる目標に対する体の向きです。
ボールを投げるのが苦手な人は、体が目標の的に向いてしまっていることが多いのです。
dodgeball2013.jpg

すると、右ききの場合、腕をふる勢いで体が左に傾いてしまい、コントロールが定まりません。
(左利きの場合は、逆に右に傾いてしまいます)
dodgeball2014.jpg

しかし、ボルトのポーズで投げると、的に対して両足が一直線になります。
dodgeball2015.jpg

すると腕を振っても体は的の方向に傾くだけので、コントロールがよくなるのです。
dodgeball2017.jpg

さらに
・手で目標をさすので、目線がねらいからはずれなくなる
・ひじが肩まで上がる
・足のスタンスもバッチリとれる
など、ボルトのポーズはいいところがいっぱい!
dodgeball2023.jpg

ボール投げが苦手の人は、是非試してみてくださいね!

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

2017年09月05日(火) ビックリアートの描き方

 bikkuria-to01.jpg

今回描くのはこれ。キューブ型のパズルです。
bikkuria-to02.jpg

このキューブの絵を平らな紙に描きます。
普通に描くと、こんな感じですよね?(「立体的」には見えなくはありませんが、、、)
bikkuria-to03.jpg

目指すのは、平らなのに ある角度から見ると「まるで立体がそこにあるかのように見える絵」です。
その描き方は、
【ステップ1】光を当ててできる影の周りをなぞる
【ステップ2】カメラで撮影した映像をみながらマス目を描いて、色をぬる

【ステップ1】光を当ててできる影の周りをなぞる
やりかたは、こんな感じ。キューブの斜め上から光を当てます。
bikkuria-to08.jpg

光を当ててできた細長い影の周りの線を、定規でなぞります。
bikkuria-to09.jpg

すると、こんなふうに絵の外側の線(輪郭線 りんかくせん)が描けます。
bikkuria-to10.jpg

※キューブを照らすライトは「光源が小さいもの」を選ぶのがコツです。(携帯電話のライトなど)
懐中電灯や照明器具は光を広げるように作られているので、影が二重や三重にできてしまうからです。
もし、懐中電灯や照明器具で影を作る場合は、小さく穴を空けたアルミはくなどを使って、光の範囲を小さく絞ってください。
※ライトに近づけすぎると火災につながる危険があるので、必ずライトから離して使用してください。

【解説】 
キューブに光を当てると影ができます。
bikkuria-to05.jpg

この影の外側の線(輪郭線 りんかくせん)を 、光(ライト)の位置に目の位置を合わせて見てみます。
bikkuria-to06.jpg

影の外側の線(輪郭線 りんかくせん)は、見た目のキューブの外側の線と同じになります。
つまり、目指す絵の外側の線が描けたことになります。
bikkuria-to07.jpg


【ステップ2】カメラで撮影した映像をみながらマス目を描いて、色をぬる
ステップ1でおいた光(ライト)の位置にカメラをおきます。
bikkuria-to16.jpg

キューブを撮影した映像を見ながらキューブのマス目を描きます。
カメラは携帯電話のカメラ、デジタルカメラなどでOK。(デュアルレンズカメラはNG)
テレビモニターに映すとより見やすくなります。

bikkuria-to23.jpg

カメラの映像を確認しながら、下の写真の矢印で示しているように、位置を合わせながらマス目の角に印をつけていきます。
bikkuria-to19.jpg
bikkuria-to24.jpg

影の角や印を結ぶ線を描きます。
bikkuria-to25.jpg

 すると、このような絵が描けます。これでマス目が描けました。
bikkuria-to26.jpg

マス目に色をぬります。
bikkuria-to27.jpg

完成!(クリックすると大きな写真が見られます)
bikkuria-to28.jpg

さらに、絵を切り抜いて、背景を作ると、もっと立体的に浮き出て見えます。
bikkuria-to29.jpg

はさみやペンは本物。キューブだけが平らな絵です。どうですか?平らな絵が浮き出て見えてきませんか?
(クリックすると大きな写真が見られます。)
bikkuria-to30.jpg

【解説】
【ステップ1】で、キューブの外側の線が描けました。
bikkuria-to11.jpg
bikkuria-to14.jpg

この、キューブの外側の線の中に、マス目を「均一に見える」ように描きます。
すると人間の脳が「これは立体に違いない」を判断してしまい、そころ立体があるかのように見えるのです。
bikkuria-to12.jpg
bikkuria-to13.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

脂ののったサケの切り身を、骨を口にすることなく食べきる 方法です。
 sake011.jpg

「背骨」(下の写真の青い部分にある)と「ろっ骨」(下の写真の赤い部分にある)を取り除けば、大丈夫、、、
sake020.jpg

でも、食べてみたらやっぱり骨が、、、
sake035.jpg

実は、サケの身の中にも骨があるのです。「上神経骨(じょうしんけいこつ)」と呼ばれる骨で、サケの背中側にあります。
sake027.jpg
sake029.jpg

上神経骨は、ろっ骨の上にだけあって、尾っぽの方にはありません。
sake030.jpg
sake013.jpg

この骨が切り身の中のどこにあるか?探すためには、背骨側の部分に注目!三分の一くらいのところに骨が隠れています。
sake034.jpg

場所さえわかれば、とるのは簡単!
「背骨」「ろっ骨」を取り、さらに身の中に隠れている「上神経骨」を探して取り除けば、骨を気にせずかぶりつけますよ!
sake015.jpg

ほかにも、骨がついている場合があります。チェックする場所は切り身の両端。これは背びれや腹びれの骨です。外から見えるので、見つけたらこの骨もとりましょう!
sake036.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

出目金は大きくて力も強いので、“普通の金魚”編の作戦は通用しません。
kingyo32.jpg
kingyo33.jpg

特に尾びれの「バタバタ」は強力!
ポイの上で暴れさせてしまうと、あっという間にポイが破れてしまいます。
kingyo34.jpg

ではどうするか?
出目金の尾びれを ポイの外側になるようにしてすくうのです。
こうすれば、尾びれのバタバタでポイが破れるのを防げます。
kingyo35.jpg

名付けて「尾びれはずし」!
kingyo36.jpg
試してみてくださいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(4) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

ポイントは2つです。
①ポイを金魚の前に差し込む
②ポイをななめに引き上げる

【解説】
①ポイを金魚の前に差し込む
金魚は主に尾びれを振動させて泳ぐので、前にしか進めません。
kingyo27.jpg

そこで、ポイを金魚の前に差し込むと、金魚の逃げ場がなくなり動きが止まるため、すくいやすくなるのです。
kingyo28.jpg
kingyo29.jpg

②ポイを斜めに引き上げる
水の中にあるポイを真上に上げると水の抵抗が大きく、また、引き上げたときにポイの上に水がたまるので、ポイが破れやすくなります。
kingyo20.jpg
kingyo19.jpg

ポイをななめに引き上げれば水の抵抗が少なくすることができます。
kingyo17.jpg
kingyo21.jpg
kingyo22.jpg

さらに、ポイの上にたまった水が流れ落ちるので、ポイを破れにくくすることができるのです。
kingyo23.jpg
kingyo24.jpg
kingyo25.jpg
ちなみに、すイエんサーガールズは、この2つのワザで最高、3分間で44匹も金魚をすくうことができました!

これまでの放送

固定リンク | コメント(14) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる