Eテレ 毎週金曜 午後11時より放送
#nhk_subculture
※NHKサイトを離れます。

ニッポン戦後サブカルチャー史

講義詳細
1980年代
 

第7回
「「おいしい生活」って何?~広告文化と原宿・渋谷物語~ 80年代(2)」

2014年9月12日(金)午後11時 放送


講 師/宮沢章夫
受講生/風間俊介 RYO-Z(RIP SLYME) 西田藍(アイドル)

「不思議大好き」「おいしい生活」…80年代、一世を風靡した広告のコピーだ。商品を宣伝するだけではないイメージCMやナンセンスCMが次々と登場し、豊かな広告文化が花開く。コピーライターが憧れの職業に。消費社会の極みで何が起こっていたのか?を紐解く。
その頃、原宿には先鋭的なクリエイターが集い、一種のサロン文化が生まれていた。そして、渋谷では斬新なイベントが開催。若者の街へと変貌を遂げていく。

時代の証言者

講義資料

【参考文献】

「セゾン文化は何を夢見た」 永江朗/著
「ポスト消費社会のゆくえ」 辻井喬・上野千鶴子/著
「東京モンスターランド」 榎本了壱/著
「都市のドラマトゥルギー 東京・盛り場の社会史」 吉見俊哉/著