アトラクション イベント・企画展

イベント

春のスタパまつり2017

春のスタパまつり2017

会期
2月25日(土)~4月9日(日)
※3月27日(月) 休館日を除く

春です!今年もやります「春のスタパまつり2017」!NHKのキャラクターが楽しいショーを繰り広げます!

詳しい情報はこちらへ

春のスタパまつり2017ファミリーひろば

春のスタパまつり2017ファミリーひろば

会期
2月 27日(月)、28日(火)
3月 2日(木)、3日(金)、6日(月)、7日(火)、9日(木)、10日(金)、13日(月)、14日(火)、16日(木)、17日(金)、21日(火)、23日(木)、24日(金)
4月 3日(月)、4日(火)、6日(木)、7日(金)
時間
午前10:00~午後6:00(火曜・金曜は午後5:30まで)
会場
イベントホール

親子で楽しもう!NHKキャラクターペーパークラフト・ぬりえ・ミニスタンプラリーほか

みんなでつくろう! どーもくんフラワーカーペット

みんなでつくろう! どーもくんフラワーカーペット

会期
3月22日(水)、3月23日(木) (3月26日(日)まで展示)
会場
エントランスホール

春休みイベント「みんなでつくろう! どーもくんフラワーカーペット」を実施します。
すてきな香りに包まれながら、花びらを並べて「直虎どーもくん」「春の風景のなかのどーもくん」を、
みんなで完成させましょう。ぜひ遊びに来て下さいね。(展示は3月26日(日)まで)

ウェルカムグリーティング

ウェルカムグリーティング

会期
毎日(キャラクターショー期間を除く)
時間
随時
会場
エントランスホール

NHKのキャラクターがお出迎えします。どのキャラクターに会えるかは当日のお楽しみ!(時間、場所、キャラクターは当日表示)
※一回のグリーティングは30分ほどです。
※混雑状況により、キャラクターとの写真撮影をご遠慮いただく場合があります。
※「ワンワンとハイポーズ」等のキャラクターショーやイベント開催時は休止する場合があります。

企画展

大河ドラマ「おんな城主 直虎」メイキング写真館

大河ドラマ「おんな城主 直虎」メイキング写真館

会期
2017年1月2日(月)~3月31日(金)
会場
ギャラリー

戦国時代に男の名で家督を継いだ「おんな城主」がいた――。
遠江(静岡県西部〕井伊家の当主・井伊直虎である。
戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が、「直虎」と勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かった。
自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描く。

物語が生み出されていく瞬間を捉えたメイキング写真館です。

「NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』」HP

大河ファンタジー「精霊の守り人」バルサの衣装展示

大河ファンタジー「精霊の守り人」
バルサの衣装展示

会期
~4月16日(日)
会場
NHKクエスト奥

「精霊の守り人」新シリーズ 悲しき破壊神
綾瀬はるかさん演じる「バルサ」の衣装を展示しています。

「NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』」HP

連続テレビ小説「ひよっこ」展

連続テレビ小説「ひよっこ」展

会期
2017年4月2日(日)~6月29日(木)
会場
ギャラリー

東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。
集団就職で上京した”金の卵”ヒロインが、自らの殻を破って成長していく波瀾万丈青春記です。ドラマの中に出てくる「すずふり亭」の再現セットや、撮影で使われた小道具の展示、フォトコーナーがあります。

「連続テレビ小説『ひよっこ』」HP

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展

会期
2017年4月13日(木)~7月13日(木)
会場
イベントホール

戦国時代に男の名で家督を継いだ「おんな城主」がいた――。
遠江(静岡県西部〕井伊家の当主・井伊直虎である。自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描く。
ドラマの中に出てくる「南渓和尚の部屋」の縁側や、井戸の再現セットで記念撮影ができます。
親子で楽しめる、直虎どーもくんぬりえや折り紙コーナーもあります。

「NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』」HP

8Kタイムマシン

8Kタイムマシン

会場
NHKクエスト奥

生まれた時代を指定して、懐かしのあの頃にタイムスリップ。かんたんタッチ操作で「見たい映像」を誰でも簡単に楽しむことができます。

豪雨暴風体験マシーン HERASEON-ヘラセオン-

豪雨暴風体験マシーン HERASEON-ヘラセオン-

会場
ネイチャーカメラマン

ヘラセオン HERASEONとは「Heavy Rain and Strong wind Educational attractiON」の略。災害を「減らせ!」、という意味も込め、マシーンを制作した日本気象協会が名付けました。合成画面で降水量と風速がどのくらい強いか疑似体験できます。

週刊ニュース深読み

週刊ニュース深読み

会場
450スタジオ前

ニュース深読み名物の「フカヨミ模型」が、スタジオパークに毎週やってくる。実際に放送で使われた模型を間近で見ることが出来ます。実際の放送の様子も録画で見ることができるので、見比べてみるのもたのしい。みんなも解説者気分を味わおう。

*すべて画像複製・転用不可

ページトップへ