No.532009/08


技研の技術が注目されています

文部科学大臣表彰 科学技術賞
岡野文男研究主幹
 屈折率分布ファイバーアレイを用いたインテグラル立体テレビ方式の研究が評価され、岡野文男研究主幹が文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました。

電波功績賞
田中祥次主任研究員
正源和義部長(中央)

 衛星デジタル放送において、伝送容量の拡大とIPパケット伝送に対応する高度衛星デジタル伝送方式の開発が評価され、開発グループを代表して田中祥次主任研究員が、電波功績賞 総務大臣賞を受賞しました。
 また、世界に先駆けて、120GHz帯を利用した非圧縮ハイビジョン映像素材の伝送を実現したことが評価され、NHKの開発グループを代表して正源和義部長(現在 研究主幹)が電波功績賞 電波産業会会長賞*を受賞しました。
*NTT、フジテレビとの共同受賞

放送文化基金賞
小野一穂主任研究員
池田哲臣主任研究員(左)

 音楽収録用広帯域マイクロフォンおよび後方の感度抑制に優れた狭指向性マイクロフォンの開発が評価され、開発グループを代表して、小野一穂主任研究員が放送文化基金賞を受賞しました。
 また、ミリ波を利用した、高画質・低遅延なハイビジョンワイヤレスカメラの開発が評価され、開発チーム(代表 池田哲臣主任研究員)が放送文化基金賞を受賞しました。




Copyright 2009 NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。

技研だより NHK放送技術研究所