展示項目

22スーパーハイビジョン

8KスーパーハイビジョンFPU
8K映像の生中継を目指して

展示概要

8Kの生中継のための無線伝送システムの開発を進めています。大容量化したマイクロ波帯・ミリ波帯のFPU※1と、高効率な映像圧縮符号化方式であるHEVC/H.265※2によるエンコーダー・デコーダーを用いたリアルタイム8K伝送システムを紹介します。

サービスのイメージ

特長

マイクロ波帯FPU
マイクロ波帯(6/6.4/7/10/10.5/13GHz帯)のハイビジョンFPUと同じ18MHzの帯域幅で周波数利用効率を向上させ、200Mbps級の長距離伝送を実現します。国の技術基準策定および国内標準規格化の対応を行っています。
ミリ波帯FPU
ミリ波帯(42/55GHz帯)において、125MHzの広い帯域幅を利用して400Mbps級の中・短距離伝送を実現します。本方式は、2017年3月に国内標準規格(ARIB STD-B43)の改定に反映されました。
素材伝送用HEVCエンコーダー・デコーダー
200Mbps級の高レートでHEVC/H.265による8K映像のリアルタイム符号化・復号化を実現する、素材伝送用のエンコーダーとデコーダーを開発しました。これにより8KのFPU伝送やCS(通信衛星)、IP伝送が可能となります。

今後の予定

装置の小型化など性能改善を進め、運用性の高いシステムの実現を目指します。

  • ※1 FPU (Field Pick-up Unit):屋外の中継番組や取材映像の伝送などに使われる、番組素材伝送用の可搬型無線伝送装置
  • ※2 HEVC (High Efficiency Video Coding)/H.265:ISO/IECとITUが共同で標準化した、8K/4K映像に適した高効率な映像圧縮符号化方式
ページトップへ

展示に書かれた番号を入力してください

X
J M T P
1 2 3
4 5 6
7 8 9
消去 0 決定

8KスーパーハイビジョンFPU 8K映像の生中継を目指して

  • 8KスーパーハイビジョンFPU
  • 8Kカメラと8KスーパーハイビジョンFPU送信高周波部(展示ブース外に設置)
  • マイクロ波帯FPU受信高周波部と受信制御部(復調部)
  • ミリ波帯FPU受信高周波部と受信制御部(復調部)
  • 8K素材伝送用H.265/HEVCデコーダーとFPUで伝送した8Kカメラ映像