究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

8K スーパーハイビジョン

8

高密度ホログラムメモリー

8Kアーカイブを目指して

展示概要

8Kスーパーハイビジョン(以下、8K)番組の長期保存技術として高密度ホログラムメモリーの研究を進めています。ホログラム媒体へのデータの多重記録方法を工夫して記録密度を高める技術と、媒体に記録した8K圧縮信号のデータを読み出して映像を再生するまでの動作を紹介しています。

特徴

●二次元角度多重による多重数の向上

従来は多重方式として、媒体への光の入射角度を変えながらデータを多重記録する「角度多重」を用いていました。今回、記録媒体の配置自体を多重軸に加えた「二次元角度多重」を開発し、角度多重のみの場合より多重数を4倍に向上しました。

●8K映像の記録再生

8K圧縮映像信号をホログラムメモリーに収録し、再生しています。これまでに開発してきたホログラムメモリー再生のための並列信号処理手法とともに、機構系を改良することで安定した再生が可能になりました。

今後の予定

高密度化とともにデータ転送速度のさらなる向上を図ることにより、8K用アーカイブ技術を確立し、新しい記録技術としての実用化を目指します。

●この研究は、新日鉄住金化学(株)と共同で進めています。

二次元角度多重を用いたホログラムメモリーの原理
展示項目一覧へ戻る