f 新たな伝送技術MMT│NHK技研公開2015 ~究極のテレビへ、カウントダウン!ー~

究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

8K スーパーハイビジョン

4

新たな伝送技術MMT

8K放送の通信連携サービスに向けて

展示概要

8Kスーパーハイビジョン(以下、8K)放送の通信連携サービスの実現に向け、放送と通信を組み合わせてサービスするための伝送技術の研究を進めています。開発したMMT※1に対応する送受信装置を用いた、放送と通信の連携サービス例を紹介します。

特徴

●通信の伝送路を活用して、より高度な放送サービスを実現

MMTを用いることで、放送でも通信でも番組を同じ仕組みで伝送できるため、異なる伝送路で伝送する情報をディスプレー上に同期して表示することが容易に行えます。

●視聴者個人に応じたコンテンツを表示

放送から受信する番組と通信から受信する番組を切り替えて表示することができます。視聴者のニーズに合わせた番組宣伝に差し替えるなど、視聴者ごとに映像を表示することができます。

●MMT に対応する送受信装置を開発

映像・音声信号などを、MMTを用いて伝送するための送信装置・受信装置を開発しました。8K放送のメディアトランスポート方式の国内規格であるARIB STD-B60に準拠しています。

今後の予定

開発した送受信装置を用いてさまざまな環境で伝送実験を行い、8K放送の通信連携サービスの検証を進めます。また、Webブラウザーでの受信・表示の機能検証を進めます。

※1 MMT(MPEG Media Transport): 2014年にMPEGで標準化された、多様な伝送路に対応したメディア伝送方式
ATSC3.0(米国で標準化中の次世代地上テレビジョン放送標準規格)の要素技術としても規定されている。

8K放送のMMTによる通信との連携
展示項目一覧へ戻る