究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

高度番組制作技術

21

高信頼・高速な双方向FPU

素材伝送にかかる時間を短縮

展示概要

中継番組や取材映像を放送局へ無線伝送するFPU ※1 を双方向化し、映像ファイルの高速伝送やカメラの遠隔操作を実現する研究開発を進めています。受信品質や伝送の成否を送信側に送り返すことで、高信頼・高速な素材伝送を実現するシステムを展示しています。

特徴

●伝搬路の品質に応じて変調方式を自動選択

気象条件や潮位の変化、樹木などの障害物の影響により伝搬路の品質は常に変動しています。双方向FPUでは、受信信号の品質を計測して送信側に送り返し、送信側ではその結果をもとに伝搬路の 品質に適した変調方式を自動選択します。この機能により、伝搬路の状況を確認するための設営時間の短縮や、良好な伝搬路品質での大容量伝送による伝送時間の短縮が可能になります。

●効率的に誤り訂正・再送を実施

従来のFPUは単方向伝送のため、強力な誤り訂正情報を常に付加して伝送していました。双方向FPUでは、誤りが発生したときに強力な誤り訂正情報を追加送信することにより、効率的に高信頼な誤り訂正を実現します。

今後の予定

運用性の向上や、FPUを多段に接続して伝送するための方式検討を進めていきます。

※1 FPU(Field Pick-up Unit):番組素材伝送用の可搬型無線伝送装置、野外の中継番組や取材映像の伝送などに広く使われている

多視点ロボットカメラ 新しい映像表現技術
展示項目一覧へ戻る