究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

高度番組制作技術

20

効率的な番組制作を実現する素材バンク

メタデータを利用した映像制作環境を実現

展示概要

映像検索や映像加工などの番組制作作業を効率的にする技術を研究しています。従来は煩雑な作業により作成していた番組制作に必要なさまざまな付加情報(メタデータ)を、映像解析やセンサー技術を活用することで自動的に生成・付与する素材バンクを展示しています。

特徴

●映像制作に便利な情報を自動的に生成

素材映像を解析して画像特徴や対象物の名称などのメタデータを自動付与することにより、映像検索を簡単に実現することができます。また、カメラ姿勢や照明情報など高度な映像加工に必要なメタデータを、映像解析やセンサー技術により自動的に生成・付与します。

●複雑な映像合成を簡単に実現

映像合成には、カメラの動き、撮影時の照明、被写体の領域などの情報が必要です。ここでは、簡易なセンサーカメラ※1の情報を利用して撮影時の照明情報を自動生成し、自然な映像合成を実現しています。

今後の予定

各要素技術の高精度化や頑健化を進めつつ、番組制作の現場と連携した実証実験などを通して、多様な要求に応えられるシステムの実用化を図ります。

※1 センサーカメラ:照明の位置・強度情報を取得するために周囲環境の明るさを撮影するカメラ

多視点ロボットカメラ 新しい映像表現技術
展示項目一覧へ戻る