究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

8K スーパーハイビジョン

2

次世代地上放送のための大容量伝送技術

都市部における伝送実験

展示概要

地上波で8Kスーパーハイビジョン(以下、8K)放送を実現するための大容量伝送技術の研究を行っています。現在実施している8Kの伝送実験を公開するとともに、受信特性を改善する技術を展示しています。

特徴

●都市部における8Kの伝送実験

熊本県人吉市での8K伝送実験に続き、都市部での伝搬特性を把握するため、NHK放送技術研究所の実験試験局から電波を発射して伝送実験を実施しています。今回、8km離れたNHK放送センターで受信した映像を、リアルタイムでご覧頂きます。

●固定受信特性の改善

4096QAM※1など信号点の数が多い変調方式では、1つのシンボルで伝送されるビット列の各ビットの誤りやすさが等しくなるように各信号点の間隔を調整することで、各信号点の間隔がすべて等しい従来の変調方式よりも、雑音に対して強くすることができます。

●移動受信特性の改善

実際の受信信号点とすべての取り得る受信信号点候補とを比較し、最も確からしい信号点候補を選択する復号技術を用いることで、移動受信の環境においても、安定して受信することができます。

今後の予定

固定受信向けのスーパーハイビジョンと移動受信向けハイビジョンとの両立や、送信ネットワークの構築を考慮した、次世代地上放送の伝送方式を検討していきます。

※1 QAM(Quadrature Amplitude Modulation):搬送波の振幅と位相に情報をのせるデジタル変調方式
※2 MIMO(Multiple-lnput Multiple-Output):送信と受信の両方で複数のアンテナを使用する無線伝送方式
※3 OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing):複数のキャリアを直交するように周波数軸上に配置した伝送方式

地上波による8K伝送実験の系統図
展示項目一覧へ戻る