究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1 ENGLISH HOMEへ戻る
展示項目

インターネットを活用した新たな放送技術

14

放送とネットサービスをつなげる基盤技術

ウェブ技術を活用した新しいコンテンツサービスを目指して

展示概要

放送局のコンテンツを、様々なサービスで活用できる仕組みを研究しています。番組関連情報の流通を促進することで、外部事業者がハイブリッドキャストサービスや多様なネットサービスを実現できる枠組みと、使用する端末によらない番組視聴を支援する技術を紹介します。

特徴

●番組情報データハブ

放送局の膨大なコンテンツには多くの情報が含まれていますが、キーワード検索など従来の手段では、ごく一部しか見つけられていません。視聴者や放送局内外のさまざまなサービスが、未知のコンテンツの中から有益なものを自動で利用可能にするために、コンテンツの情報を機械処理可能なLOD※1形式で記述、蓄積する基盤技術を開発しています。

●ハイブリッドキャストの放送外マネージドアプリを用いたサービス連携

ハイブリッドキャスト技術仕様 2.0版※2の規定では、放送事業者に加え、様々な事業者によるアプリをテレビ上で楽しむことができるようになります。さらにデータハブを活用することで放送の映像だけでなく、多様な番組情報とも連携したサービスが実現できます。

●メディアの多様化に対応した番組視聴手段の提供

放送とネットにより番組が配信されることに加え、スマートフォンなどの新しい端末の普及によって番組の視聴方法が多様化しています。ユーザーの置かれた状況にかかわらず、共通の利用画面や操作によって、番組を視聴できるようにする基盤技術を開発しています。

今後の予定

放送局以外のサービス事業者との連携などを通して、放送局のコンテンツ利活用技術の研究開発を進めていきます。

※1 LOD(Linked Open Data):W3C(World Wide Web Consortium)で規格化が進められている、コンピューター処理可能なデータを公開・共有するための技術の総称

※2 ハイブリッドキャスト技術仕様2.0版 : IPTVフォーラム標準規格 IPTVFJ STD-0010 放送通信連携システム仕様 第2.0版 およびSTD-0011 HTML5ブラウザ仕様 第2.1版で構成

ウェブ技術を基盤とした新しいコンテンツサービス
展示項目一覧へ戻る