究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1 ENGLISH HOMEへ戻る
展示項目

8K スーパーハイビジョン

1

8K衛星放送実験

2016年の試験放送に向けて

展示概要

NHKでは、8Kスーパーハイビジョン(以下、8 K )放送の実現を目指して、制作機器をはじめ、映像・音声符号化装置、多重化装置、送受信装置などの開発を進めてきました。総務省が昨年公表した8K放送のロードマップでは、放送衛星による8K試験放送を2016年に開始することが示され、NHKでもこのロードマップに従って実用化に向けた準備を加速させています。ここでは、番組制作から符号化・多重化、送受信、表示まで、放送に必要となる機器をつなげて、実際の放送衛星を経由した8K衛星放送実験を実施しています。

今後の予定

2016年の試験放送や2018年までの本放送、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の本格普及に向けて、8Kの研究開発をさらに加速していきます。

制作機器

・8Kカメラシステム(1-1)
小型カメラと高画質デモザイキング装置による、実用的な8Kカメラシステム

・8K映像・音声 信号インターフェース ”U-SDI”(1-2)
8K映像・22.2マルチチャンネル音響の大容量信号を、1本のケーブルで伝送できるインターフェース

・素材伝送用ミリ波帯FPU(関連展示 6)
120 GHz 帯の電波を使って、非圧縮8K信号を低遅延で伝送できるFPU

・8K記録装置(関連展示 7)
高速・大容量のメモリーパックに8K映像を最大で180分収録が可能な圧縮記録装置

・22.2マルチチャンネル音響放送制作システム(関連展示 18)
22.2マルチチャンネル球形マイクロホン、音響制作用ミキシングシステムおよび残響付加装置

符号化・復号

・8K符号化・復号装置(1-3)
8K映像と22.2ch音響を圧縮伝送できる符号化装置と復号装置

・次世代CAS技術(1-4)
8K信号をリアルタイム処理可能なスクランブル装置

・8K多重化装置(関連展示 4)
MMTによる多重化装置

衛星放送

・高度広帯域衛星伝送システム(1-5)
12GHz帯の放送衛星を使用した8Kの衛星伝送システム

8Kテレビ

・新たな字幕・文字スーパー技術(1-6)
多彩な表現が可能な字幕符号化方式であるARIB-TTMLによる新しい字幕・文字スーパー技術

・8K広色域液晶ディスプレー(関連展示 10、11)
ITU-R勧告BT.2020に規定された広色域に対応した8K用液晶ディスプレー

ケーブルテレビ放送

・8K放送のケーブルテレビ伝送システム(1-7)
8K衛星放送をケーブルテレビで再放送するシステム

展示項目一覧へ戻る