究極のテレビへ、カウントダウン!技研公開2015 Science & Technology Research Laboratories 入場無料5/28(木)~5/31(日)午前10時~午後5時 会場 NHK放送技術研究所 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-1

ENGLISH HOMEへ戻る
文字サイズ
展示項目

8K スーパーハイビジョン

1-3

8K符号化・復号装置

高品質な圧縮伝送を目指して

展示概要

8K映像と22.2マルチチャンネル音響(以下、22.2ch音響)を高品質なまま効率的に圧縮して伝送する技術の研究を進めています。今回、国内外の標準規格に準拠した方式で映像と音声を圧縮伝送できる符号化装置と復号装置を開発しました。 

特徴

●8K映像復号装置を開発

既開発のMPEG-H HEVC/H.265※1による8K映像圧縮符号化装置に対応した8K映像復号装置を新たに開発しました。これにより、データ量が非常に大きい8K映像をリアルタイムに符号化・復号できるようになりました。

●22.2ch音声符号化装置および多重化機能の開発

22.2ch音響に対応したMPEG-4 AAC※2による音声符号化・復号装置と、圧縮した映像と音声のデータを束ねて伝送するためのMPEG-H MMT※3による多重化・多重分離機能を開発しました。

●8K放送の国内規格に準拠

2014年12月に改定された国内標準規格ARIB STD-B32 3.1版※4に準拠した映像符号化方式、音声符号化 方式および多重化方式を採用しています。

今後の予定

実際の放送衛星を使用して伝送実験を行うことで、開発装置の動作検証を進めるとともに、フレーム周波数120Hzに対応した8K映像符号化・復号装置の開発を進めます。

※1 MPEG-H HEVC (High Efficiency Video Coding)/H.265: ISO/IECとITUが共同で標準化した、8K/4K映像に適した高効率な映像符号化方式
※2 MPEG-4 AAC (Advanced Audio Coding): ISO/IECが標準化した、22.2chに対応した音声符号化方式
※3 MPEG-H MMT (MPEG Media Transport): 2014年にISO/IECが標準化した、多様な伝送路に対応するメディア伝送方式
※4 ARIB STD-B32 3.1版:「デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式」

8K符号化・復号装置の接続系統図
展示項目一覧へ戻る