展示項目

スーパーハイビジョン

次世代放送システムのメディアトランスポート技術 ~スーパーハイビジョン放送の高機能化に向けて

再生

展示概要
放送と通信回線を横断的に組み合わせて、多彩なサービス展開ができる多重方式MMT※1の国際標準化※2を進めています。MMTベースの実験装置を用いて、スーパーハイビジョン放送に向けた適用例を紹介しています。

特徴

●MMTで実現可能な多彩なサービス
放送・通信での信号伝送方式を共通化し、高精細・大画面ディスプレーに放送や通信からのさまざまなコンテンツを組み合わせたり、同期して表示することが容易になります。また、テレビやタブレット、スマートフォンなど端末に応じて映像・音声信号を選んで提示することも容易になります。
●受信切り替えによる信頼性の向上
受信状態が悪化しても、伝送路を切り替えることにより視聴を継続することができます。

今後の予定

今回の実験装置を用いて機能検証、性能評価を行い、MMTによるスーパーハイビジョン多重化装置の開発を進めていきます。

放送と通信を横断的に組み合わせ

放送と通信を横断的に組み合わせ

  • ※1 MMT(MPEG Media Transport):多様な伝送路でのメディア伝送に対応する新たなトランスポート方式
  • ※2 国際標準化:マルチメディアの情報処理関係の標準化を行うISO/IECのMPEG(Moving Picture Experts Group)で実施
QRコード

携帯サイトにアクセス