22 スーパーハイビジョン音響制作機器 展示概要
スーパーハイビジョン番組において、高品質な22.2マルチチャンネル音響番組を創造的かつ簡易に制作する技術の研究を進めています。ここでは、22.2マルチチャンネル音響番組の制作のデモンストレーションを通じて、新開発の音響制作機器を展示しています。


特長
3次元音像制御
複数の音源の音像を同時に移動できるシステムを開発しました。タイムコードに従って記録した音像の移動を再現したり、それを容易に修正することができます。これにより3次元空間の音の方向感を自在にコントロールできます。

3次元残響付加装置
響きのない音源に、ホール等で実測した自然な3次元残響を付加する装置を開発しました。これにより、響き感や包まれ感などの3次元音響印象を自在に制御することができます。

小型軽量ワンポイント収音マイクロホン
22方向の音をワンポイントで収音可能な、22マルチチャンネル音響用小型軽量マイクロホンを開発しました。これにより、広い範囲に多数のマイクロホンを設置できない場所でも、22.2マルチチャンネル音響の収音が容易にできます。

22.2マルチチャンネル音響ヘッドホンプロセッサー
頭部伝達関数を用いて、22.2マルチチャンネル音響をヘッドホンで再現します。中継車などスピーカーの設置に制約のある空間内でも、22.2マルチチャンネル音響スピーカーで再生したような音をヘッドホンで聴くことができます。
今後の予定
スーパーハイビジョン放送の実現に向けて、音響制作機器の開発を進めていきます。

この研究は、McGill大学と共同で進めています。

開発中の22.2マルチチャンネル音響制作システム
※ 頭部伝達関数 : ある特定の方向からの音が耳に到達するまでの音の伝達特性

5月24日(木)から27日(日)午前10時から午後5時まで
展示項目