16 120Hzスーパーハイビジョンプロジェクター 展示概要
スーパーハイビジョンの高画質化に向けて、動きの速い被写体をより鮮明に表現するために、フレーム周波数をハイビジョンの2倍の120Hzとすることを目標としています。ここでは、フレーム周波数120Hzのスーパーハイビジョン映像をプロジェクターで表示しています。


特長
高フレーム周波数表示技術
これまでは液晶素子の駆動回路の制限により、スーパーハイビジョン映像を高いフレーム周波数で表示することができませんでしたが、駆動方法を工夫することにより、フレーム周波数120Hzで映像を表示することができるようになりました。

高フレーム周波数化による動画質改善
120Hzの高いフレーム周波数によって、動きぼやけの少ない映像を表示できるようになりました。
今後の予定
スーパーハイビジョンが目標とする高精細度・高フレーム周波数・広色域に対応するプロジェクターや直視型ディスプレイなどの開発を進めていきます。

このプロジェクターは、(株)JVCケンウッドと共同で開発しました。

120Hzスーパーハイビジョンプロジェクター
※ e-shiftデバイス : 複屈折特性を持ち、電気信号により屈折率を変化させ画素ずらしを行うデバイスで、実質的に縦横2倍の解像度で表示可能

5月24日(木)から27日(日)午前10時から午後5時まで
展示項目