13 120Hzスーパーハイビジョンイメージセンサー 展示概要
スーパーハイビジョンの高画質化に向けて、動きの速い被写体もより鮮明に撮影できるイメージセンサーの開発に取り組んでいます。今回、フレーム周波数が120Hzのスーパーハイビジョン用イメージセンサーを試作しました。


特長
フレーム周波数120Hz
従来の倍となる120Hzのフレーム周波数を実現するために、アナログ信号をより高速にデジタル信号に変換する回路や、そのデジタル信号を96並列で出力する回路を新たに開発しました。

超高精細
試作したセンサーでは、従来のスーパーハイビジョン用イメージセンサーと同様に、画素数約3300万、階調12ビットの超高精細画像が得られます。

小型・低消費電力
試作したセンサーは、光学サイズが約1.5インチであり、従来のスーパーハイビジョン用イメージセンサーに比べて、格段に小さくなりました。また、高速な信号処理などを行っているにもかかわらず、消費電力が小さいという特長を有しています。
今後の予定
スーパーハイビジョン用イメージセンサーの高感度化に取り組む予定です。

この研究は、静岡大学と共同で進めています。

120Hzスーパーハイビジョンイメージセンサー

5月24日(木)から27日(日)午前10時から午後5時まで
展示項目