プル型ファイル転送プロトコルを用いた並列分散処理システム
 番組制作に必要な映像処理を複数のサーバーで並列に実行する技術の研究開発を進めています。プル型ファイル転送プロトコルで用いられる受信バッファーの増減から負荷状況を判断し、並列数と処理サーバーごとの転送速度を制御することで、映像処理の優先度に応じて処理速度を調整できるようになりました。

ダウンローダブルCAS
 コンテンツの利用を限定する次世代のアクセス制御技術の研究を進めています。受信機内のシステムLSIにアクセス制御の主な機能(CASプログラム)を放送経由で安全にダウンロードすることで、ICカードのようなセキュリティーモジュールを不要とし、システム更新可能なアクセス制御技術を開発しました。

VHF帯・UHF帯連絡無線機の電波の放射特性に人体が与える影響の検討
 放送事業用に使用しているVHF帯やUHF帯の連絡無線機は、人体の近くで使用されるため、無線機が送受する電波の放射パターンが人体により影響を受けます。その影響と原因について、詳細に検討した結果を紹介しています。

スーパーハイビジョン音響方式のチャンネル配置
 スーパーハイビジョン放送の実現を目指して、空間音響知覚の研究を進めています。3次元音響による包み込まれ感を得るためのスピーカーの配置条件を水平と垂直面で明らかにし、22.2マルチチャンネル音響により、広い聴取範囲で良好な空間印象を再現できることを示しました。

日英ニュース原稿から自動学習する統計機械翻訳システム
 国内外への外国語サービスを拡充するために、外国語原稿の作成を支援する統計機械翻訳技術の研究を進めています。熟練した翻訳者によるニュースの日英翻訳例を自動的に学習することで、ニュースの機械翻訳精度を向上させる技術を紹介しています。

3次元形状の触力覚提示技術
 指の位置と姿勢に応じて、物体からの反作用に相当する力で指先を押し返し、そこに仮想的な物体の表面があるかのように感じられる装置を開発しました。これを用いて仮想物体の3次元形状が、触力覚でどのくらい正確に伝わるかを調べた実験を紹介しています。

有機撮像デバイス用電荷読み出し回路の高性能化技術
 小型で高画質なカメラの実現を目指して、光の3原色それぞれを電気信号に変換する素子を積み重ねて、色分解プリズムを不要とした有機撮像デバイスの研究を進めています。デバイスの高感度化や高精細化に向けて、配線をすべて透明にし、画素ピッチを従来の1/2の50μmにした電荷読み出し回路を開発しました。

電荷読み出し回路の研究は高知工科大学と共同で進めています。

画素並列信号処理3次元構造撮像デバイス
 高精細で動きのなめらかな動画像を得るために、各画素から読み出した信号を、それぞれの画素の直下に設けた回路で同時に処理する3次元構造撮像デバイスの研究を進めています。この画素並列信号処理デバイスの概要と、要素技術の開発を紹介しています。

この研究は、東京大学と共同で進めています。

磁性細線を用いた高速記録デバイス
 高速な読み書きが可能な小型記録装置を目指して、磁性細線中での磁区移動を利用した可動部のない記録デバイスの研究開発を進めています。ここでは、パルス電流印加による磁区移動の検証結果や、移動させた磁区を安定に停止させるための技術を紹介しています。

酸化物半導体TFTの低温形成技術
 大画面シート型ディスプレイの実現を目指して、耐熱温度が低いプラスチック基板上にTFTを形成する技術の研究を進めています。今回、ポリマーゲート絶縁膜を用いることにより、基板上に酸化物半導体TFTを低温で形成することができました。このTFT形成技術を用いて、8インチVGAフレキシブルディスプレイのパネル作製工程を開発しました。

大気安定なN型有機トランジスター
 フレキシブルディスプレイの低消費電力化を目指して、プラスチック基板上に消費電力の小さいCMOS回路を形成する技術の研究を進めています。今回、大気中での劣化の少ないN型有機半導体と塗布形成のポリマー絶縁膜を用いて、高移動度のN型有機TFTアレイを開発し、N型とP型のTFTを集積化したCMOSインバーター回路をプラスチック基板上に作製しました。

PDPの省電力化に向けた材料技術
 PDPの大画面化と高精細化に伴う消費電力の増大を回避するために、電極保護膜を改良して低電圧で放電できる省電力なPDPを実現するための研究を進めています。理論的な解析から低電圧化の指針を得るとともに、新材料の導入による低電圧化の実験に成功しました。

5月24日(木)から27日(日)午前10時から午後5時まで
ポスター展示