• 5月26日(木)?5月29日(日)
  • 2011年 技研公開は終了いたしました。
    ご来場ありがとうございました。
  • NHK放送技術研究所
  • 東京都世田谷区砧1-10-11
  • 交通のご案内はこちら
  • ※駐車場はご利用いただけません。
     公共交通機関をご利用下さい。
QRコード

携帯サイトにアクセス

NHK技研公開2011トップ>展示項目>新型スーパーハイビジョンプロジェクター

展示項目

スーパーハイビジョン

20
新型スーパーハイビジョンプロジェクター

スーパーハイビジョンの実用化に向け、さまざまな機器開発を進めています。ここでは、フル解像度並みの画質を、これまでよりも低コストでコンパクトに実現したスーパーハイビジョンプロジェクターを展示しています。

特長

フル解像度並みの画質
800万画素の表示素子をR,G,B各1枚の計3枚と新開発のe-Shiftデバイスを用いて、R,G,Bの3原色すべてにおいて画素ずらしを行うことでフル解像度並みの画質を実現しました。
低コストでコンパクト
すでに発売されている4Kプロジェクターに機能を追加して実現することにより、低コストでコンパクトなプロジェクターを実現しました。

今後の予定

2020年スーパーハイビジョンの試験放送を実現するため、より実用的なスーパーハイビジョン機器の研究開発を進めていきます。

  • 本プロジェクターは、(財)NHKエンジニアリングサービス、JVCケンウッドホールディングス(株)と共同で開発しました。
  • e-Shiftデバイス:画像シフト切り替え電気信号により光の屈折率が変化するデバイス
新型スーパーハイビジョンプロジェクター
項 目内 容
解像度7680 x 4320 画素相当
ダイナミック
レンジ
10000 : 1
光出力3000 ANSI lumen
本体寸法(W)660 x (H)342 x (D)783mm
本体重量約50.5kg(投射レンズ含まず)

新型スーパーハイビジョンプロジェクター