• 5月26日(木)?5月29日(日)
  • 2011年 技研公開は終了いたしました。
    ご来場ありがとうございました。
  • NHK放送技術研究所
  • 東京都世田谷区砧1-10-11
  • 交通のご案内はこちら
  • ※駐車場はご利用いただけません。
     公共交通機関をご利用下さい。
QRコード

携帯サイトにアクセス

NHK技研公開2011トップ>展示項目>22.2マルチチャンネル音響再生技術

展示項目

スーパーハイビジョン

18
22.2マルチチャンネル音響再生技術

ディスプレイと一体型のスピーカーにより、家庭で22.2マルチチャンネル音響を手軽に楽しむための研究を行っています。ここでは、スピーカーアレーと音の方向感を再現する信号処理を組み合わせ、3次元音響再生を行う技術を紹介しています。

特長

直視型ディスプレイ一体型スピーカー
家庭で22.2マルチチャンネル音響を再生するためのディスプレイ一体型スピーカーを開発しました。これにより、あらゆる方向からの音と広がり感を再現し、高い臨場感のスーパーハイビジョン番組を手軽に楽しむことができます。
スピーカーアレーによる前方チャンネル再生
多数のスピーカーユニットで構成されたスピーカーアレーにより、画面上の任意の位置からの音を再生します。
音の伝搬特性を利用する側方・後方チャンネル再生
音の伝搬特性を模擬する信号処理により、前方のスピーカーだけで横や後ろからの音を再生します。

今後の予定

22.2マルチチャンネル音響を、家庭の環境にあわせて様々な方式で楽しめるよう、音の再生技術や信号処理方式を開発していきます。リスニングエリアの拡大や音質改善など、スピーカーアレーによる3次元音響再生技術の向上を目指して研究を進めていきます。

  • この研究は、フォスター電機(株)と共同で進めています。
直視型ディスプレイ一体型スピーカー

直視型ディスプレイ一体型スピーカー