• 5月26日(木)?5月29日(日)
  • 2011年 技研公開は終了いたしました。
    ご来場ありがとうございました。
  • NHK放送技術研究所
  • 東京都世田谷区砧1-10-11
  • 交通のご案内はこちら
  • ※駐車場はご利用いただけません。
     公共交通機関をご利用下さい。
QRコード

携帯サイトにアクセス

NHK技研公開2011トップ>展示項目>視覚障害者向けデジタル放送受信機

展示項目

人にやさしい放送

13
視覚障害者向けデジタル放送受信機

視覚に障害のある人がデジタル放送を楽しめるバリアフリーの実現を目指した情報提示の研究を行っています。ユーザーがデータ放送やEPGの情報に容易にアクセスし、音声や点字で内容を理解できる、セットトップボックス(STB)型の受信提示装置を開発しました。

特長

障害に適応した情報提示とユーザビリティー
障害のタイプと程度に応じ、音声や点字・指点字、拡大・反転表示の提示方法を選択できます。また、ナビゲーションガイドやサイン音・振動で情報へのアクセスやテレビの操作をサポートします。
盲ろう者向けに字幕放送を点字表示
ニュースや番組の字幕放送を点字で楽しめます。ユーザーは触読速度に応じて、リアルタイムに読む、あるいはデータを蓄積して読む、の二つの方法を選択することができます。
統一的なユーザーインターフェースで操作できる多機能なSTB型受信提示装置
実用を目指したSTB型の受信提示装置です。少ないキーでテレビを操作したり設定できるソフトリモコン機能や、録画再生を簡単にできる機能があります。これらの操作のインターフェースは、データ放送やEPGへのアクセスと共通にしました。これにより、ユーザーは負担なく受信機の機能を利用することができます。

今後の予定

今後、試作した装置の実用化を推進するとともに、触覚や力覚により図や立体形状を表示する技術など未来の「触れるテレビ」に向けた研究を進めていきます。

  • この研究の一部は、(独)情報通信研究機構(NICT)の委託研究「視覚障害者向けマルチメディアブラウジング技術の研究開発」を東大と受託して進めました。
  • EPG:Electronic Program Guide、電子番組表
視覚に障害のある人のための情報バリアフリー受信提示システムの仕組み

視覚に障害のある人のための情報バリアフリー受信提示システムの仕組み