8K SHV 概要 8K SHV  カメラ 8K SHV 圧縮 8K SHV 衛星放送 8K SHV 地上放送 8K SHV ケーブル伝送 8K SHV MMT
Hybridcast IP 立体 ホログラム立体 字幕技術 やさしい日本語 手話CG 話速変換技術
 あたかもその場にいるような高い臨場感と実際にものがそこにあるような実物感が得られるシステムが8Kスーパーハイビジョン(8K SHV)です。8K SHVは、現行のハイビジョンの16倍に相当する3,300万画素の超高精細映像と、22.2マルチチャンネル音響が特徴です。この映像音響方式は、視聴覚などの人間科学的な研究に基づいて設計されました。
 臨場感は画面を見込む画角が大きいほど高くなり80~100°程度で飽和し、実物感は画素密度が高くなるほど増して約120画素/度で飽和することから、8K SHVの画素を7,680(横)×4,320(縦)としました。
 音響は、音が聞こえる方向(音像定位)とその場にいるような広がり感や包み込まれ感を再現するため、上下3層に22(上層:9・中層:10・下層:3)チャンネルと重低音専用の2チャンネルを配置した22.2マルチチャンネル音響としました。従来の5.1チャンネル音響と比べて広い視聴エリアで音に包まれた自然で臨場感のある3次元音響を楽しむことができます。

【 8Kスーパーハイビジョンの特徴 】


画素構造が見えずに
最大の臨場感が得られる視距離

22.2ch音響によって
その場にいるような音空間印象の再現が可能

 入り口であるカメラから、出口のディスプレーまで、8K SHV放送システム実現に向けて以下の研究開発を急ピッチで進めています。
・カメラ

:開発当初の80kgから、現在は2kgまで小型化

・記録装置
・音響収録
・伝送装置
・送出、送信装置 (衛星、地上、ケーブル)
・ディスプレー :145型PDP、85型液晶の他、有機ELフレキシブル
・音響再生
・多重化装置 :放送と通信の親和性が高いMMT方式を開発中
・映像圧縮 :現行の4倍効率がよいHEVCや超解像を活用
・次世代CAS :安全・安心に8K SHVをご覧頂ける新システム
 8K SHVは、2016年試験放送、2018年実用放送を経て、東京オリンピックの2020年には本格的な放送時代を迎えます。
 8K SHV開発のスタートは1995年。2002年、走査線4000本級映像システム、今で言う8K SHVを技研公開で初展示、2004年に名称を「スーパーハイビジョン」と名づけました。2005年の愛知万博で世界初披露、2012年にはロンドン五輪のパブリックビューイングを世界3か国9会場で実施。同年8月、8K SHVの映像信号の仕様がテレビの国際規格になりました。
【 8K映像信号の国際規格 】
項目
アスペクト比 16:9
画素数 水平7,680× 垂直4,320
毎秒フレーム数(枚) 120、60、59.94
走査方式 順次走査
階調(bit/pixel) 10、12
色域 広色域
TOPへもどる