8K SHV 概要 8K SHV  カメラ 8K SHV 圧縮 8K SHV 衛星放送 8K SHV 地上放送 8K SHV ケーブル伝送 8K SHV MMT
Hybridcast IP 立体 ホログラム立体 字幕技術 やさしい日本語 手話CG 話速変換技術
 8K SHV映像は従来のハイビジョンと比べ、16倍となる横7,680×縦4,320 = 約3,300万の画素数と、フレーム周波数 (1秒間の撮影コマ数)が最大で4倍の120Hz(1秒間に120コマ)であること、撮影できる色の範囲が従来よりも広い広色域であることが特長です。
 カメラで8K SHV映像を撮影するためには光を電気信号に変換するイメージセンサーに3,300万画素が必要です。従来は約800万画素のイメージセンサーを複数組み合わせていましたが、現在では1枚で3,300万画素以上を持つイメージセンサーが登場しています。フレーム周波数を高くすると、スポーツなどの動きの速いシーンも滑らかで高画質に撮影できます。8K SHVの最大フレーム周波数である120Hz対応の8K SHVカメラも実現しています。広色域対応カメラでは、赤・青・緑などより鮮やかに撮影できます。従来のカメラでは自然界に存在する色の75%程度しかカバーできませんでしたが、広色域カメラでは99.9%、ほぼ全ての色を表現することができるのです。
 画素数を多くするためにはイメージセンサーを大きくして撮影画素数を増やすのが簡単な方法です。しかし、単純にイメージセンサーを大きくすると必然的にカメラサイズも大型になり、実用的ではありません。従って、イメージセンサー大きくするのではなく、画素を微細化することが求められます。
 イメージセンサーを微細化すると、一つ一つの画素に入射する光の量が減少します。同様にフレーム周波数を増やすと画素に光の入射する時間が短くなります。これらはカメラの感度が低下する原因となります。そこで、イメージセンサーの微細化・高速化と実用的な感度・大きさを両立することが8K SHVカメラ開発の重要なポイントです。
 当初はイメージセンサーの画素数不足や感度不足に対処するため、入射した光をプリズムで分光し、大きなサイズのイメージセンサーを4枚(赤・青にそれぞれ1枚、緑に2枚)用いた4板撮像方式を採用していました。その後、イメージセンサーの画素数が増え、赤・青・緑にそれぞれ1枚ずつ用いる3板撮像方式を実現しました。カメラの小型化を図るため、1枚のイメージセンサーに赤・青・緑の微細なカラーフィルターを備えた単板カラー撮像方式の8K SHVカメラも開発しました。カラーイメージセンサー1枚でプリズムが不要なため、小型・軽量の8K SHVカメラを実現できます。
 初代の8K SHVカメラは、イメージセンサーもレンズも大きく、重量が80kgもある巨大な物でした(図左)。今では小型の単板カラーイメージセンサーを用い、カメラヘッドの重さが約2kgの小型軽量カメラも開発され、現場で使用されています(図右)。
初代8Kカメラ(4板撮像方式)
(2002年製・80kg)
 

小型軽量8Kカメラ
(2013年製・2kg)

 単板カラーイメージセンサーは画素を赤・青・緑の3色に振り分けるため、3,300万画素でも8K SHVには十分ではありません。そこで、将来の小型で実用的な高画質カメラの実現を目指し、3,300万の4倍の計1億3,300万のフル画素単板カラーイメージセンサーの開発にも成功しています。豊富な8K SHVカメラのラインナップにより、撮影対象や環境に応じて柔軟に対応していきます。
TOPへもどる