8K SHV 概要 8K SHV  カメラ 8K SHV 圧縮 8K SHV 衛星放送 8K SHV 地上放送 8K SHV ケーブル伝送 8K SHV MMT
Hybridcast IP 立体 ホログラム立体 字幕技術 やさしい日本語 手話CG 話速変換技術
 日本のケーブルテレビは、テレビ放送開始2年後の1955年に群馬県伊香保温泉で難視聴解消のためのテレビ共同受信設備として誕生しました。その後、多チャンネル化が進み、再送信(現在の呼称は再放送で、共同受信を言う)だけでなく自主放送として独自番組も提供するように発展しました。
 2000年からはBSやCSのデジタル放送の再放送を行うようになりました。さらに、インターネットや電話などの双方向サービスも提供するようになり、重要な情報インフラの1つになっています。2014年6月末時点で自主放送を行うケーブルテレビへの加入世帯数は2,874万世帯、普及率は51.4%です。衛星放送で8K SHVサービスが始まれば、ケーブルテレビでも同サービスの提供が望まれます。
 ケーブルテレビは90~770 MHzの帯域を6 MHz毎のチャンネルに分割しています。各チャンネルでは64-QAM(Quadrature Amplitude Modulation:電気の振幅と位相で64種類のシンボルのいずれかを順次送信するデジタル変調方式)あるいは256-QAMを用いてデジタル信号を伝送しています。各チャンネルの伝送容量は、実質約29~38Mbitです。
 現段階の最新の映像圧縮技術でも、8K SHVケーブルをテレビの1チャンネルで伝送することは困難です。そこで複数のチャンネルを利用して8K SHVをケーブル伝送する技術(以下、複数搬送波伝送方式と呼ぶ)を開発しました。伝送量が、衛星放送を1つの中継器で伝送する場合に想定されている100Mbit/s程度であれば、ケーブルテレビの3チャンネル程度を束ねて使えば伝送できます。
 この方式の特徴は3つです。まず、伝送容量の異なるチャンネルを組み合わせても使用することができます。次に現行の各チャンネルで余っている容量を束ねて利用することが可能で、現行サービスは従来の受信機でもそのまま受信可能です。さらに、映像などのデータをPCやタブレットで再生するためには、ファイル形式にして配信する必要があります。8K SHVのケーブル伝送方式は、ファイルを格納できるIPパケットの伝送にも対応しています。このIPパケットは、可変長形式のため、従来のTSパケットと同じ固定長(188バイト)に収容して分割伝送することができます。
【 複数搬送波伝送方式のイメージ図 】

 この複数搬送波伝送方式は、総務省情報通信審議会から「ケーブルテレビにおける超高精細度テレビジョン放送の導入に関する技術的条件」として、2014年12月に一部答申されました。魅力ある8K SHVの放送を実現し、広くあまねく伝えていくために衛星放送だけでなくケーブルテレビでもサービスをお届けすることができる技術の研究開発と標準化を進めていきます。
TOPへもどる