TOPへ
ソース一覧
利用許諾
FAQ
お問い合わせ
関連資料

はじめに

NHK放送技術研究所では、現在放送局で進められているVTRテープからファイルベースシステムへの移行後の、将来の放送局システムの研究を行っています。その成果の一部を2010年(平成22年)の技研公開で「フレキシブル制作システム」と題して展示発表するとともに、学会でも公表しました。

しかし、研究成果を実用化するためには、製造メーカーでないNHK放送技術研究所における研究開発だけでは限界があり、幅広い研究機関等システム構築に向けた研究と開発を継続する必要があります。また、遠い将来のシステム研究の場合には、具体的な導入計画が未確定であるため、往々にしてシステム開発に着手できない状況になります。

貴重な受信料で研究開発した成果を、学術成果としてのみ放置しないで、実用化への道を探る一つの方法としてシステムのソースコードを公開することにしました。 これにより放送機器や映像関連分野における研究開発に貢献するとともに、同分野における研究者や技術者のコミュニティによる改善改良が期待でき、将来のNHKでの利用や放送技術の発展につながるものと考えます。

ソースコードの公開は、公共放送の研究所として広く社会に研究開発成果を還元することであり、公共サービスの一つです。今後も適宜公開できるソースプログラムを提供してゆく考えです。

公開するシステム

「フレキシブル制作システム(ウェブ編集システム)」
「分散ファイルシステム」
「挿入削除機能付きファイルシステム」
「高速ファイル転送システム」
「素材作成用MXFライブラリ」