TOPへ
ソース一覧
利用許諾
FAQ
お問い合わせ
関連資料

素材ファイルメタデータ生成プログラム

概要

素材ファイルメタデータ生成プログラムは、番組素材ファイルであるMXFファイルを解析し、番組素材ファイルのフレーム数などのメタデータを生成するプログラムです。

ダウンロード

素材ファイルメタデータ生成プログラムのソースコードはここからダウンロードしてください。
素材ファイルメタデータ生成プログラムのコンパイルには素材作成用MXFライブラリが必要です。素材作成用MXFライブラリは、ここからダウンロードしてください。

動作環境

下記の環境で動作確認しています。

またこのソフトウェアを利用するためには、1フレーム単位で番組素材ファイルの映像をデコードできるソフトウェアが必要です。

コンパイル方法

ダウンロードしたソースコード(DBmaterial_getinfo.tar.gz)を適当なディレクトリで展開します。

% tar xvfz DBmaterial_getinfo.tar.gz

素材作成用MXFライブラリをコンパイルする必要があります。ダウンロードしたソースコード(nkmxflib.tar.gz)を適当なディレクトリで展開し、コンパイルしてください。詳細は素材作成用MXFライブラリの説明書を参考にしてください。

% tar xvfz nkmxflib.tar.gz

素材作成用MXFライブラリのnklibディレクトリおよびnkmxflibディレクトリは、展開したDBmaterialディレクトリと同じ階層に展開するか、同じ階層にシンボリックリンクを貼ってください。または環境に合わせてDBmaterial/mxf_getinfo下にあるMakefile内のパスを書き換えてください。Makefileを修正した後にコンパイル、インストールしてください。

% cd DBmaterial
% cd mxf_getinfo
% make
% su
# make install

実行方法

素材ファイルメタデータ生成プログラムを単独で利用する場合は、コマンドラインから実行してください。
フレキシブル制作システムの素材ファイルデーターベースで用いる場合は、素材ファイルデータ管理デーモンを参照してください。

商標

NovellならびにSUSEは米国および日本におけるNovell, Inc.の登録商標です。
LinuxはLinus Torvals氏の登録商標です。