TOPへ
ソース一覧
利用許諾
FAQ
お問い合わせ
関連資料

編集用グリッドクライアント

概要

編集用グリッドクライアントは、編集用ウェブサーバプログラムから出力された編集記述を解析し、映像カットごとの処理に変換します。さらにその処理をどのホストにあるサービスに処理させるかリソース選択サービスに問い合わせ、ファイル転送サービスや映像処理サービスなどの編集の実行に必要となる処理を要求します。

ダウンロード

編集用グリッドクライアントのソースコードは、ここからダウンロードしてください。

動作環境

下記の環境で動作確認しています。

編集用グリッドクライアントのインストールにあたり、以下のパッケージが必要となります。

コンパイル、インストール

編集用グリッドクライアントプログラムは、編集用ウェブサーバプログラムをインストールするホストと同一のホストにインストールしてください。 Globus Toolkitとウェブ編集用グリッドミドルウェアプログラムがインストールされている必要があります。

ダウンロードしたソースコード(nhkgrid_client.tar.gz)をウェブ編集用グリッドミドルウェアで設定したディレクトリで展開します。

gtuser% tar xvfz nhkgrid_client.tar.gz

編集用グリッドクライアントをインストールするために、各サービスのクライアントライブラリが必要となります。まずこれらのクライアントライブラリをインストールしてから編集用グリッドクライアントをインストールします。
各サービスのライブラリをインストールするためにglobusユーザになります。globusユーザのホームディレクトリで作業をおこなってください。

1) ファイル転送サービスのインストール

ホームディレクトリでgpt-buildを用いてnhkgrid/src/trans-bindingsディレクトリの下にあるtrans_bindings-3.29.tar.gzをインストールして下さい。

globus% $GLOBUS_LOCATION/sbin/gpt-build $NHK_GRID_LOCATION/src/trans-bindings/trans_bindings-3.29.tar.gz $GPT_FLAVOR

2) 映像処理サービスのインストール

ホームディレクトリでgpt-buildを用いてnhkgrid/src/proc-bindingsディレクトリの下にあるproc_bindings-2.5.tar.gzをインストールして下さい。

globus% $GLOBUS_LOCATION/sbin/gpt-build $NHK_GRID_LOCATION/src/proc-bindings/proc_bindings-2.5.tar.gz $GPT_FLAVOR

3) リソース選択サービスのインストール

globusユーザになり、ホームディレクトリでgpt-buildを用いてnhkgrid/src/resourcedetect-bindings下にあるresourcedetect_bindings-2.0.tar.gzをインストールして下さい。

globus% $GLOBUS_LOCATION/sbin/gpt-build $NHK_GRID_LOCATION/src/resourcedetect-bindings/resourcedetect_bindings-2.0.tar.gz $GPT_FLAVOR

4) 編集用グリッドクライアントのインストール

gtuserユーザでおこなってください。nhkgrid/src/clientディレクトリ以下がソースです。makeでコンパイルしてください。

gtuser% cd ./nhkgrid/src/client
gtuser% make

設定

編集用グリッドミドルウェアの環境設定をおこなってください。
編集用ウェブサーバと合わせて用いる際には、編集用ウェブサーバのcgi-bin/bbディレクトリ下にあるTimeline.pyから実行されるので、Timeline.pyファイル編集しコンパイルしたプログラムのパスを設定してください。デフォルトの設定では、nhkgrid/src/clientディレクトリ下にプログラムを置いてください。

商標

NovellならびにSUSEはNovell, Inc.の登録商標です。
LinuxはLinus Torvals氏の登録商標です。
Globus Toolkitはシカゴ大学の商標です。