技 研 HOME > イベント情報 >新・三銃士 〜スパニッシュ・コネクションライブを実施
小学生向け技研見学会を実施


    平成22年2月28日(日)に技研講堂で、ふれあいイベント「新・三銃士 〜スパニッシュ・コネクションライブ〜」を開催しました。

   当日は、チリ大地震による津波警報が発せられる落ち着かない状況の中、近隣の方を中心に120名を超える方々にご来場いただきました。番組のプロデューサーが映像を交えて番組の紹介をした後に、劇中音楽を担当しているスペイン音楽のグループ、スパニッシュ・コネクションによるライブを、約90分、アンコールも含め全12曲をお楽しみいただきました。スパニッシュ・コネクションの本格的な演奏は、迫力があるだけでなく、民族楽器タブラとカホンの掛け合いやアドリブも交え、ライブとしての臨場感も楽しんでいただけるものになりました。ご家族での来場者も多く、身を乗り出すようにして熱心にご覧になっているお子様もいました。演奏の最後は聴き慣れた番組テーマ曲で最高潮に達し、アンコールとなりました。お客様からは「すばらしかった。」、「今まで番組を見たことがなかったが、是非見てみたい。」といった感想をいただきました。

   技研では、日ごろお世話になっている地域住民の方々への感謝の気持ちをこめて、コンサート等のイベントを定期的に開催しています。この日も、ライブのほかに、地上デジタル放送の受信相談を実施しました。

   また、世田谷区の機関である砧まちづくりセンターが中心となって作成した、“砧地区かるた”には技研も「リードする放送技術 NHK技研」として登場しています。砧地区かるたは、区内の施設や小学校に配布され、活用されています。カルタの絵札には、職員の子供が描いた技研キャラクター“ラボちゃん”を技研のビルにアレンジしたものを提案し、採用していただきました。技研は、今後もさまざまな形で、地域とのつながりを大切にしていきます。

出演者(写真左から)タブラ:吉見征樹、 ベース:伊藤寛康、ヴァイオリン:平松加奈、 パーカッション:仙道さおり、 フラメンコギター:伊藤芳輝 砧地区カルタ
 

Copyright 2010 NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。