TOP PAGE>P9テレビ放送開始

テレビ放送開始

1947 ( 昭和22 ) 連続放送劇『鐘の鳴る丘』開始
1948 NHK戦後初のテレビ公開実験    
1949 『とんち教室』放送開始
1949 全米水上選手権大会をロサンゼルスよりラジオで中継
1950 ( 昭和25 ) ソニー、テープレコーダー試作
1950 戦後初のテレビ電波発射実験公開
1953 ( 昭和28 ) 2.1 NHKテレビの放送開始
1953.8.28 日本テレビ放送網 ( NTV ) 、テレビ放送開始
1959.1.10 NHK東京教育テレビ開局

1953年2月1日にNHKが、8月28日には、日本テレビ放送網 ( NTV ) がテレビの本放送を開始した。NHK専用のテレビスタジオはまだ1つしかなかったが、使用した機器は、イメージオルシコンカメラを除き、すべて技研が設計した国産品であった。

1953 NHKは自前技術でテレビ放送を開始

テレビ放送開始
 NHKは、1948 ( 昭和23 ) 年6月に、戦後初めてのテレビの公開実験を行い、1950年2月には技研内にテレビ実験局を開設して、11月からは毎週1日、3時間の定期的な実験電波を発射した。
 1953 ( 昭和28 ) 年2月1日にNHKが、テレビの本放送を開始した。NHKには、専用のテレビスタジオはまだ1つしかなかったが、使用した機器は、イメージオルシコンカメラを除き、すべて技研が設計した国産品であった。NHKが実験に着手して23年、高柳健次郎が研究をはじめてほぼ30年が経過していた。
 本放送開始当日の受信契約数は、866件、うち都内の契約は664件。そのうち、482件がアマチュアによる自作の受像機であった。

民放テレビの出現
 日本のテレビ放送は、当初からNHKと民放の併存体制で進んだ。正力松太郎は、民放のトップを切って1951年に日本テレビ放送網の計画を発表し、日本に民間テレビ放送網を設立するという大規模な構想を発表した。この構想は、アメリカからも資金援助を受け、技術・施設ともにアメリカの最新式のものを導入する計画であった。相次いで民放もテレビ局の免許申請をした。民放の本放送開始の一番手は、日本テレビ放送網で、1953 ( 昭和28 ) 年8月28日であった。
 テレビ放送開始直後は受像機の価格が高く、なかなか受像機が普及しな
かった。そこで盛り場、駅、公園などに受像機を設置した。これらの街頭テレビには多数の群衆が集まり、プロレスやプロボクシングに熱狂した。

テレビは国民を結んだ
マイクロ回線は、1953年にNHKが独自に東名阪を開通させた。その後電電公社が一元的に行い、1956年に札幌から福岡までの主要都市を結んだ。
テレビは、日本の経済成長と価格の低下により、やがて電気冷蔵庫、電気洗濯機とともに、3種の神器として家庭に入っていった。テレビは、ニュース、ドキュメンタリー、教養番組、ドラマなど多彩な番組を作り出し、急速に普及しはじめた。
 1959年は皇太子ご成婚の年でこの模様を見たいと、白黒受像機の普及が200万台を超えた。このビッグイベントでテレビは広く国民に認知され、一大飛躍期を迎えた。

1.民放テレビ
2.VTRの出現: 時を止め、映像を記録する時代へ
3.東京・名古屋・大阪の自営マイクロ回線


当時庶民に高嶺の花だった
テレビ普及のための街頭テレビ


NHK東京テレビジョンが開局
(1953 )


皇太子ご成婚
(1959 )


NHK東京教育テレビ開局
(1959 )


テレビジョン 公開実験
(1950)

 

   

テレビは進化するTOP PAGE


Copyright 2002 NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます