NHK放送技術研究所(NHK技研)とは

写真:NHK放送技術研究所

NHK技研は、わが国唯一の放送技術分野を専門とする研究機関として、また、公共放送NHKの一員として、豊かな放送文化を築くために、研究開発の立場から貢献するという役割を担っています。この役割を果たすために、次世代放送メディア、インターネット活用技術、インテリジェント番組制作、ユニバーサルサービス、放送用デバイス・材料など、基礎から応用まで幅広い研究開発に取り組んでいます。また、開発した技術を番組制作に利用して、これまで以上に豊かな番組づくりを進めたり、新しいサービスを実現するために不可欠となる標準化についても積極的に取り組んでいます。

NHK技研の歩み(動画紹介:3分25秒

1925年 ラジオ放送開始
1926年 日本放送協会 設立
1930年 日本放送協会技術研究所 開所
1950年 カラー放送の研究開始
1953年 テレビ放送開始
1960年 カラー放送開始
1964年 ハイビジョン研究開始
1966年 衛星放送の研究開始
1971年 プラズマディスプレーの研究開始
1978年 最初の放送衛星打ち上げ
1982年 デジタル放送の研究開始
1989年 アナログBS放送開始
1991年 アナログハイビジョンBS試験放送開始
1995年 スーパーハイビジョンの研究開始
1998年 42型プラズマテレビの開発
2000年 BSデジタル放送開始
2003年 地上デジタル放送開始
2013年 放送通信連携で豊かな情報を高い画質で提供する NHK Hybridcast
2016年 8Kスーパーハイビジョン 試験放送開始
2018年 8Kスーパーハイビジョン 本放送開始
2020年 開所90周年
2030~2040年ごろ 好みの機器を使ってさまざまな視聴スタイルに対応できるメディア技術
ダイバースビジョン
明日も、20年後も より身近で人にやさしい放送
字幕・手話・音声ガイドなど
ユニバーサルサービスの拡充

技研公開

毎年5月、受信料で進められている技研の研究開発成果を、わかりやすくご紹介する「技研公開」を実施しています。メーカーや研究機関の研究者など専門家から家族連れまで、毎年20,000人を超える方にご来場いただいています。