English

 

8K Time into Space

Innovative Technologies ※NHKサイトを離れます


8K Time into Spaceは、経済産業省の選ぶ優れたコンテンツ技術「Innovative Technologies 2016」の1つに採択されました。

時間を空間に変換する新しい映像表現

"8K Time into Space"は、テレビ番組や映画などの一つの映像を何百個もの大量の動画に時分割し、すべての動画を同時に再生する新しい映像表現技術です。8Kディスプレイに表示することで、番組全体を一目で見渡せるとともに、それぞれの動画もはっきりと見ることができます。


8Kならではの表現

ハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K。高精細で一覧性が高いため、たくさんの動画を並べても一つ一つの動画の細かい部分までもはっきりと見ることができます。

大量の動画をスムーズに再生

静止画を連続表示して動画として見せるしくみと再生処理を軽くする技術の開発により、映像の長さや分割する数に関わらず15fps以上の速度でスムーズに再生できるようになりました。

番組に触って自由自在に楽しむ

8Kにタッチインターフェースを導入することにより、簡単なタッチ操作だけで番組全体と一部のシーンを自由に行き来しながら番組を楽しむ新しい視聴スタイルを実現します。

様々な映像分野への応用

この技術はあらゆる映像に対応できる上、Webアプリケーションとして実現しています。汎用性が高く、デジタルサイネージや防犯システムなど様々な応用が期待できます。

※この技術は、NHKとMIT Media Labとのコラボレーションによって創出されました。

ニュース

  • 2016年12月11-13日:IEEE International Symposium on Multimedia 2016(米国・サンノゼ)において、「8K Time into Space: Web-based Interactive Storyboard with Playback for Hundreds of Videos」の研究発表を行いました。
  • 2016年10月27-30日:日本科学未来館(東京・お台場)で開催されたデジタルコンテンツEXPO2016で展示しました。
  • 2016年9月2日:経済産業省がコンテンツ技術イノベーション促進事業の一環として日本の優れたコンテンツ技術の発掘・評価を目的に実施する「Innovative Technologies 2016」の1つに採択されました。

関連文献

2016
Hisayuki Ohmata and Andrew Lippman: 8K Time into Space: Web-based Interactive Storyboard with Playback for Hundreds of Videos, Proceedings of the 2016 IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2016), p.413-418
2015
大亦寿之, 松村欣司, 中川俊夫: 8Kインタラクティブサービスのためのタッチインターフェースの導入の検討, 2015年映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 34D-5