読み込み中です...

2019年3月22日(金)

恒例!セ・リーグ監督座談会 24日放送!サンデースポーツ2020特別企画

29日に開幕する今年のプロ野球。サンデースポーツ2020では今年もセ・リーグ6球団の監督に集まっていただき「監督座談会」を開催!24日の放送を前に、その内容をちょっとだけSPORTS STORYで先行公開します!
【サンデースポーツ2020 3月24日 総合 夜9時59分~】

質問1:この座談会に来るのはイヤだった?

開幕まで10日余りとなった今月18日。東京のホテルの会場にセ・リーグ6球団の監督が集まりました。

広島・緒方孝市監督(50)。
ヤクルト・小川淳司監督(61)。
巨人・原辰徳監督(60)。
DeNA・アレックス・ラミレス監督(44)。
中日・与田剛監督(53)。
阪神・矢野燿大監督(50)。

それぞれ、どんなホンネが飛び出すのか。大越健介キャスターと副島萌生キャスターの司会で、座談会スタートです!

副島
開幕直前のお忙しい中、みなさん集まっていただきどうもありがとうございます!シーズン開幕を前に、監督のみなさんが感じたり考えたりしている「ホンネ」を語っていただきます。


ホンネですか?

大越
ホンネでお願いします!
せっかく忙しい中集まっていただいたので、ちゃんと歯ごたえある質問をさせていただこうと思います(一同笑)。では、よろしくお願いいたします。


みんな、質問されたこと以外は答えないようにしようね(笑)。


元・サンデースポーツのキャスターでもあり、監督として百戦錬磨の原監督から強烈な(?)ジャブを頂きつつ、最初の質問へ!

副島
ということでまず手始めの質問!
「正直ここに来るのがイヤだった」。
お手元に〇と×の札があります。イヤだったという人は〇、イヤではないという人は×の札をお出しください。

緒方監督:〇
小川監督:〇
原監督:×
ラミレス監督:〇
与田監督:×
矢野監督:×

大越
(!)おおー、答えが分かれましたね!あれ原さん、「×」ということは来たかった?

この日も「原節」が炸裂!?


いや、来たかったわけじゃないけども(笑)!僕は「野球界のため。セントラルリーグのため」という部分での義務感ですね。ええ。

副島
ありがとうございます。

大越
緒方さんは?「〇」来るのがいやだったということですが。

3連覇中の緒方監督には余裕も?

緒方
いや、これ毎年思っているんですけどね(笑)。この時期は、いろいろ考えることが多くて…。

大越
手の内もあんまりさらしたくない…?


広島から東京、遠いですしね。

緒方
そうですね(笑)。

大越
距離的な問題ですか!…というようなかたちで質問させていただきます。

質問2:正直、○○と戦うのはイヤだ

副島
二つ目の質問です。「正直、○○と戦うのはイヤだ」。

大越
この○○はチーム名ですね。

副島
お手元に自分のチーム以外のチーム名が書かれた札があります。その中から札を前に出していただければと思います。

大越
ちょっと考える時間が必要ですかね。

小川
これ1チームだけですか?

大越
1チームがありがたいですが、どうしても難しいということであれば複数でも。


するとここでヤクルト小川監督が…!

小川監督、全チームの札を手元に…。

大越
いやいや小川さん!全部っていうとちょっとファンが心配になりますんで(笑)。
では、みなさん準備のほうはよろしいでしょうか。

副島
それではせーの、でお願いします。せーの!・・・あれ、みなさんなかなか出さないですね。


僕はないです。

与田新監督は堂々と渡り合えるか?

与田
僕もないです!

緒方
僕も。


だって、それが我々の仕事ですからね。例えば夏過ぎてね、対戦成績とか相性悪いとか、そういうのが出てきたらともかく、4月からそんなことで怯えてたら始まらないよね。やっぱりね!(矢野監督を見ながら)

矢野新監督はちょっと緊張気味か!?

矢野
はい…(苦笑)。


結果的にこの質問、全監督が札を上げない結果に・・・。スタッフもMCの2人も若干困惑のスタートです。


副島
大越さん・・・先行き不安ですね、この座談会。

大越
ちょっと我々の頭ではとても及びがつかない答えでしたね。でもちょっと小川さんなんかあの、一瞬札を上げようかなという感じがありましたけど。

小川
まあ去年の戦いからすれば、やっぱりうちはマツダスタジアムで、広島相手のゲームが非常に戦いにくいという思いがあったので、そこであげようかな、と思ってました。


広島はそんなにすごいんだ。高橋由伸(前監督)もそう言ってました。ラミレス監督もそう言ってましたね。

大越
やっぱり去年の広島は強かったな、というのは実感としておもちですか?ラミレスさん。

データ分析が得意なラミレス監督が語るのは?

ラミレス
特に試合終盤ですね。序盤はそれほど感じないですが、終盤になればいつも逆転するし、終盤になるとどのチームでも広島は倒せないというような、広島からしたら「自信」みたいなものも感じました。終盤の逆転というところがすごく怖いところでしたね。


いよいよ始まった監督座談会。
この後も、このところ強さが際立っている「あのチーム」の弱点について。
オフの話題をさらった「あのチーム」の補強について。
さらにそれぞれの監督の今年の期待の選手まで!

その内容は今週24日のサンデースポーツ2020で詳しくお伝えします。

放送後にはこのNHK SPORTS STORYのサイトでも、完全版の記事をアップ予定ですので、お楽しみに!

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事