読み込み中です...

2018年2月5日(月)

飛ぶ!脳みそ!?スケルトンのヘルメットが斬新すぎる個性あふれるスケルトン選手のヘルメットを特集。ヘルメットに隠された素顔とともにご覧ください。

!?

うわ! 脳みそが迫ってくる!?

って、これはナニ!?

答えは、スイスのサンモリッツ発祥のスポーツ「スケルトン」。

スケルトンとは英語で“骨格”という意味で、舵やブレーキがないそりに腹ばいになって1300〜1500メートルのコースを疾走する競技。

 スケルトンのそりは、滑走部分と本体だけの超シンプルな設計。見ての通り、体を守ってくれるガードもない無防備な状態……。しかし、最高速度125キロ!と、とんでもない速さで疾走するため、この競技には頑丈なヘルメットが必要なんです。っていうか、ないとやってられません!!

 先ほど紹介した斬新なヘルメットはソチオリンピックでカナダのジョン・フェアバーン選手が実際にかぶっていたもの。フェアバーン選手だけでなく、個性的なデザインのヘルメットを使用するスケルトン選手が多く、ファンの間で話題なんです! 早速、チェックしていきましょう。

眼光鋭いアメリカンイーグル

 2014年ソチ五輪でのケイティー・ユーラエンダー選手(アメリカ)のヘルメットにはイーグルのイラストが。そりで滑っているとその速さから、本当にイーグルが飛んでいるように見えます。ソチ五輪での成績は4位 、ピョンチャンオリンピックにも出場予定とのこと。メダル獲得にも期待ですね!

 滑走中のユーラエンダー選手。赤と白のコントラストが目立ちますね。気になる素顔は…

 ヘルメットを脱いでも個性的! 赤い髪の毛がお似合いです♪

 こちらは2017年の画像。赤いロングヘアでちょっぴりセクシーですね〜。現在も同じヘルメットを着用して大会に出場しているので、ピョンチャンオリンピックでも見られるかもしれません!

不気味なヘルメットの中の素顔は?

 こちらはカナダのサラ・リード選手。ソチ五輪では7位という成績でした。このヘルメット、頭頂部には女性の顔が描かれていますが、その表情をよく見ると・・・

 コ、コワイ!まるで、某人気マンガに登場する女型の巨人のような表情ではありませんか!こんな怖いヘルメットをかぶっているリード選手ですが、素顔はとってもキュートです。

スケルトン界のおしゃれ番長?

 ソチオリンピックで銀メダルを獲得したノエル・パイクス ペース選手(アメリカ)のヘルメットは派手なグリッター系のカラーリング。氷上でもかなり目立ちそうなデザインですね。

 ヘルメット正面にはUSAの文字が。星条旗の星も良い感じにデザインされていますね。

 そして、そんなパイクス ペース選手はママアスリートでもあるんです!  
お母さんで世界的スケルトン選手なんてかっこよすぎです!

日本の選手も負けてません!

 ソチオリンピック日本代表の髙橋弘篤選手のヘルメットは越ちひろさんによるデザイン。 越さんは音楽と絵の具を使ってライブペインティングなどを行うアーティスト。たくさんの色を使って描かれる作品は独創的です。ちなみにヘルメットだけでなく、ソリにも同じデザインが施されているんですよ。

ソチ五輪では12位だった高橋選手。今季のW杯では徐々に順位を上げているので 、ピョンチャンオリンピックでも活躍して欲しいですね!

ヘルメットは「スケルトン」のもうひとつの主役。ピョンチャンオリンピックでは新しい、そしてさらに斬新なデザインのヘルメットが見られるかもしれません。競技の結果だけでなく、ヘルメットにも注目するとまた違った楽しみ方ができるかも!

                   
※NHKサイトを離れます

関連記事

    人気の記事ランキング

      記事ランキングをもっと見る

      最新の記事