病の起源とは?

関連商品

過去の放送

病の起源

プロローグ

がん

脳卒中

うつ病

心臓病

トップに戻る

第3集 うつ病 ~生存戦略が生んだ悲劇~ 10月20日総合午後9時

【番組紹介】

働き盛りを襲い自殺に追い込むなど、深刻な社会問題になっている「うつ病」。世界の患者数は3億5千万人に達し、日本でもこの10年あまりで2倍に急増しています。

なぜ、私たちはうつ病になるのでしょうか?
その秘密が、意外にも5億2千万年前に誕生した魚の研究から明らかになってきました。魚でも、「ある条件」を作ると、天敵から身を守るために備わった脳の「扁桃体(へんとうたい)」が暴走し、うつ状態になることがわかってきたのです。

更に2億2千万年前に誕生した哺乳類は、扁桃体を暴走させる新たな要因を生みだしていました。群れを作り、外敵から身を守る社会性を発達させたことが、孤独には弱くなり、うつ病になりやすくなっていたのです。

そして700万年前に人類が誕生。脳が進化したことで高度な知性が生まれ、文明社会への道を切り開いてきました。しかしこの繁栄は、皮肉にも人類がうつ病になる引き金を引いていました。文明社会によって社会が複雑化し、人間関係が一変したことが、扁桃体を暴走させ始めたのです。

番組では、研究の最前線で明らかにされてきたうつ病の秘密に迫り、そして進化を手掛かりにして生まれた新たな治療法を紹介。人類の進化がもたらした光と影を浮き彫りにしていきます。