病の起源とは?

関連商品

過去の放送

病の起源

トップに戻る

病の起源 とは?

およそ700万年前にアフリカで誕生した人類。
その起源は、四足歩行していた霊長類と別れ、二本の足で歩き始めたことにあります。

その後、人類は自由な手を器用に使いこなすことで、脳を巨大化させ、高度な文明を築き上げてきました。

ところが、皮肉なことにこの進化の過程で、私たちの体には“負の宿命”とも言うべき「病の種」が埋め込まれていたのです。

人類にとって宿命とも言える病気を進化の観点から追求する「病の起源」。
2008年に放送した前シリーズでは、「睡眠時無呼吸症」「骨と皮膚の病」「腰痛」「読字障害」「糖尿病」「アレルギー」を取り上げました。

今回の新シリーズでは、いま世界の多くの人々が苦しんでいる病「がん」「脳卒中」「心臓病」「うつ病」を取り上げます。

最先端の医療現場で患者を見つめる一方、進化の痕跡を求めて数百万年の悠久の時をタイムトラベル、時空を超えて病の起源に迫っていきます。

テーマ音楽 羽毛田丈史(はけたたけふみ)