計画の歴史

小惑星に着陸し岩石を持ち帰る探査は「サンプルリターン」と呼ばれ、日本独自の構想として1980年代半ばから検討が始まりました。

そして、太陽系の起源を探ることを目的に2003年5月、「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」を目指して打ち上げられました。

「はやぶさ」は2年余りかけて、2005年9月に「イトカワ」に到着し、2回着陸を試みました。着陸の前後で、姿勢を制御する装置などが壊れ、燃料漏れも発生するなど相次いでトラブルに見舞われた上地球に戻る途中にも通信電波が途切れ、4つのエンジンが停止、計画は失敗したと思われました。

しかし、チームは諦めず、途絶えた電波を1か月半かけてアンテナで探って受信に成功し、壊れたエンジンの中の生き残った回路だけを電波で指令してつなぎあわせ、一つのエンジンを復活させて噴射に成功、2010年6月に見事カプセルを地球に持ち帰りました。

カプセルに石や砂は入っていなかったものの少なくとも800を超える「イトカワ」の微粒子が確認され世界で初めて小惑星からの「サンプルリターン」に成功しました。

持ち帰った微粒子は世界の研究機関に提供され、今でも分析が続けられていて、「イトカワ」は、元となる天体が壊れてできたことが確認されたほか、宇宙をとびかう放射線などの宇宙線が小惑星を徐々に削っている現象などが明らかになっています。

これに続く「はやぶさ2」の計画は小惑星探査技術を確実なものとすること、そして生命の起源となる水と有機物を発見するため2012年から開発が始まりました。

「はやぶさ2」の機体とエンジンは耐久性などを向上させる改良が加えられ、2014年12月にH2Aロケットで打ち上げられました。

そして、ことし6月27日に、「リュウグウ」の軌道に到着しました。今後、3回リュウグウに着陸して、岩石を採取したあと、2020年の地球帰還を目指しています。

「はやぶさ」の※プロジェクトマネージャを務めたJAXAの川口淳一郎シニアフェローは「当時、アメリカやロシアとの探査技術のギャップは大きかった。超大国のまねをせず、一線を画すプロジェクトとして取り組んだのが『はやぶさ』計画だ。『はやぶさ2』は『はやぶさ』の2号機ではなくある意味本番であり、真っ正面から科学的な成果が求められる。生命の起源はどこにあるのか、大きなヒントをつかむことが期待されている」と計画について話しています。