はやぶさ2の最新技術

探査機「はやぶさ2」の特徴の1つが「イオンエンジン」の採用です。

探査機は数十億キロもの長い距離を飛行するため一定の燃料が必要ですが、打ち上げるロケットには重さの制限があるため燃料をできるだけ少なくする必要があります。

このため、「はやぶさ」初号機の時に開発されたのが低燃費の「イオンエンジン」です。

燃料はガスを使い、それをイオン化して放出することで推進力を得る仕組みで、一般的なロケットのエンジンと比べて燃費は10倍よいとされています。

今回の「はやぶさ2」にも耐久性や推進力を向上させた「イオンエンジン」が採用され、初号機に続いて、NECが設計と製造を担当、熟練の技術者が細かい回路の接続や組み立てを行って完成させました。

また、小惑星に着陸する際に岩石を採取する「サンプラーホーン」という筒状の装置や、採取した岩石を地球に持ち帰る「再突入カプセル」にも、前回の教訓を生かして改良が加えられました。

さらに、「はやぶさ2」は、小惑星内部の岩石を採取するため、金属の弾丸を高速で発射し、地表に穴をあける「インパクタ」と呼ばれる装置も初めて搭載しています。