はやぶさ2のプロジェクトとは

探査機「はやぶさ2」の大きな目的は、生命の起源に迫ることです。
「はやぶさ2」は、世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰った「はやぶさ」の後継機として開発されました。

「はやぶさ」と同じように、小惑星を探査して岩石を採取し、地球に持ち帰る計画です。

「はやぶさ2」が目指す「リュウグウ」は、「はやぶさ」が着陸した「イトカワ」とは異なるタイプです。

「イトカワ」は太陽系誕生の過程を探る目的で探査が行われましたが、「リュウグウ」は岩石に水や有機物が含まれているとみられることから生命の起源の謎を探ることが主な目的です。

小惑星はおよそ46億年前に太陽系が形づくられる過程でちりやガスが集まるなどしてできた天体で、それらがさらに集まって地球のような惑星を形成したと考えられています。

このうち惑星にならなかった小惑星が火星と木星の間を中心に数十万個見つかっていて、中でも7割以上を占めるのが「リュウグウ」のようなC型小惑星と呼ばれるタイプです。

C型小惑星は大きな天体に取り込まれなかったことから古い時代の姿をとどめているとされ、岩石の中には水や有機物が残されていると考えられています。

地球の生命は、こうした小惑星がぶつかり、生命の“材料”となる水や有機物がもたらされて誕生したとする説があり、C型小惑星の岩石を持ち帰り詳しく分析すれば宇宙でどう有機物がつくられ、生命の起源につながったかを解明できると、期待されています。