番組紹介

日本人に広がる?「睡眠負債」とは

「がん」「糖尿病」「心臓病」といった重大疾病と強い関連があること分かってきた睡眠不足。しかも最近の研究では、普段6-7 時間寝て自分では「睡眠は十分」と思っている人でも、わずかな睡眠不足が蓄積する「睡眠負債」によって命に関わる病のリスクを高めたり、日々の活動のパフォーマンスを劣化させたりしていることがわかってきた。

パフォーマンス低下&高まる重大疾病リスク

最近の研究で、睡眠負債により仕事や日々の生活の質が大幅に低下する実態が見えてきた。ある研究では、毎日6時間の睡眠が2週間続くと、2晩徹夜したのと同じ脳の状態になることが判明!さらに、血糖を下げるホルモン・インスリンの働きの低下や、アルツハイマー病の原因とされる物質の蓄積を引き起こす危険も見えてきた。

あなたに「睡眠負債」はある?手軽なチェック法とは

健康診断などではわからない「睡眠負債」の存在。しかし、日々の生活のある特徴に注目するだけで、自分のリスクが高いかどうかを手軽に判別できる。番組では専門家の監修のもと、睡眠の状態をチェックし「睡眠負債リスク」を判定するテストを作成。全国の視聴者に参加を呼びかけ、日本に潜む睡眠負債リスクをあぶりだす。

放送した内容・リスクチェック結果はこちら