1月31日(日)午後9時~9時49分
1月の放送内容

子育てがつらすぎる!なぜこんなに不安で孤独なの?私って、母親失格?

現代ニッポンのお母さんたちが、いま子育てに深刻な悩みや不安を抱え、悲痛な叫び声をあげています。助け合いたい夫に対しても、出産後はなぜかイライラが止まらず、離婚の危機も。頼れる相手もない母親たちが結びつきを求める「ママ友」は、日本特有の社会現象として世界からも注目されています。なぜ母親たちは、これほど育児に苦しめられているのでしょうか?
その原因を最新科学で探ると、意外にも、人類700万年の進化にまでさかのぼる、子育ての知られざる真実が見えてきました。

子育てがつらいのはお母さん、あなたのせいではないのです。


女性が子を産み、母になる。その時、母親たちの脳や体に、驚くような変化が次々と起こることが、最新科学から明らかになってきました。人類進化の過程で、育児を成し遂げるための特別な能力が、お母さんたちに備わってきたのです。


ところが今、現代ニッポンの母親たちが、「育児がつらすぎる」「わが子がかわいいと思えない」などなど、子育てに悲痛な叫び声を上げています。核家族化が進み、夫も多忙で不在がちな中で、母親一人がわが子に向き合う孤立した子育て=“孤育て”。その孤独感に耐えられず、「ママ友」と呼ばれる母親同士のつながりを求める日本特有の社会現象も起きています。


これほどまでにニッポンの母親たちが育児を孤独でつらいと感じるのは、なぜなのか?今回はその謎を、脳科学・生理学・進化学など、最新の科学で解き明かしていきます。すると、そこから見えてきたのは、人類誕生以来、長い進化の歴史の中で培われてきた「人間本来の子育て」。それが本能的に現代の母親にも宿り続けていることが、母親たちの苦悩につながっていたのです。 母親になることで激変する女性の脳や体の不思議。その裏にある、「人間本来の育児」。科学の視点によって初めて見えてきた、知られざる母親と子どもの真実に迫ります。 これは、今まさに育児をしているお母さん・お父さんはもちろん、母親から生まれ、育てられた全ての人たちに贈る、知のエンターテイメント番組です。

つらい子育ての見方が変わる!?最新科学が教えるヒントはこちら
NHKオンデマンドで視聴できます

出演者から一言…

恵俊彰さん3~18歳の4児の父

「実は子どものおむつを替えるのも妻任せで・・・。でも、育児中のお母さんたちが何を感じているのか、その本音がよく分かりました!」


眞鍋かをりさん0歳3か月児の子育て中

「子どもを産んでも、育児ってわけが分からないことだらけで・・・でも、この番組で今まで悩んでいたことの説明が付いて、気持ちがすごく楽になりました!」


虻川美穂子さん0歳11か月児の子育て中

「ママ友もうまく作れないし、孤独感もあるし、育児がしっちゃかめっちゃかなのは、自分が不器用だからだと思ってましたけど、そうじゃなかった!すごい納得!」


関連サイト





←トップに戻る