アウストラロピテクス・アファレンシス

CG 深堀り解説

アファレンシスのモデルは、集団を表現するために、3つのバリエーションのオスと、一つのメスが作られた。

アファレンシスは、化石などの証拠からオスとメスの体のサイズに大きな違いがあったと考えられている。オスが肉食獣などに対抗して、メスや子供を守るためだったと考えられている。

このアファレンシスの顔は、歳をとっている個体をイメージして作られたため、顔の毛に白いものが混じっている。

アファレンシスのメスの全身像CG。自然光の下でどう見えるかをシミュレーションしたのがこの画像。

アファレンシスが襲われた動物は、メガンテレオンという絶滅した動物。大きな牙を持っていたネコ科の肉食獣で、サーベルタイガーとも呼ばれる。