close

占領軍の優雅な暮らし

廃墟の街に別世界があった。毎月100人が餓死する街で占領軍の家族は優雅な暮らしを満喫していた。占領軍専用列車で贅沢な旅行を楽しむ家族も多かった。占領軍に雇われた日本人芸人などの費用も日本政府が負担した。