放送90年

NHKスペシャル アジア巨大遺跡

CLOSE""/
MENU

MOVIE

高精細カメラで撮影した
アンコール遺跡群の映像

環境に合せた動画クオリティが選べます。

高画質動画(PC専用)高画質動画(PC専用)
中画質動画中画質動画

1223

午前1時15分~2時25分
※22日深夜 総合

第1集

密林に消えた謎の大都市 ~カンボジア アンコール遺跡群~

第1集の舞台はカンボジアのアンコール遺跡群。

9世紀からおよそ600年にわたってインドシナ半島に栄えたアンコール王朝は、世界最大の石造寺院「アンコール・ワット」で知られ、その一帯は世界遺産にも登録されている。しかし、アンコールがどんな王朝だったのか、そこにどんな文明が栄えていたのか、真相は謎に包まれてきた。当時の記録の多くがヤシの葉や動物の皮などに記されていたため、朽ち果てて消失してしまった上に、近年の内戦で各地に地雷が埋められ、研究調査が阻まれてきたからである。

そうした中、ヘリコプターによるレーザー調査など最新の科学技術を駆使した研究や、長年の考古学的アプローチによって、その謎が、徐々に解き明かされようとしている。そこから浮かび上がってきたのは、密林の奥地に存在した世界有数の巨大都市の存在である。そこには、極めて緻密に設計され張りめぐらされた高度な水利システムがあり、これまで全く知られてこなかった世界との交易ネットワークの実態も見えてきた。

そして、それを可能にしていたのは、争いを避け、お互いに共存してゆこうと知恵を絞った人々の、平和を希求する姿だった。

空前の繁栄を誇り、密林に消えていった謎の文明の真の姿を伝える。

MOVIE

PHOTO GALLERY

カンボジア 
アンコール・ワットの空撮
ページトップへ