NHKスペシャル

トップページへ

大アマゾン 最後の秘境

緑の魔境に潜むサル達

シロウアカリBald uakari

鬼のような真っ赤な顔が特徴のウアカリ。この顔色は感情や体調によっても変化し、怒ったときはさらに赤く、病気で弱ったりすると青白くなるのだとか。顎の力が強く、硬い果実やその種を好んで食べる。

キンガオサキGolden-faced saki

サキというサルの仲間で、オスは顔の部分がやや黄色を帯びた白い毛で覆われているのが特徴的。樹上での生活がほとんどで滅多に地上には降りず、生息地域も限られているため、野生のキンガオサキの発見は困難を極める。

クロクモザルBlack spider monkey

約60センチの体長に対して尾の長さが90センチもある、比較的大型のサル。長く細い四肢を使った樹上の移動が蜘蛛を思わせる点が名前の由来になっている。

アカホエザルRed howler monkey

特殊な発声器官を持ち、5キロ以上離れた場所でも聞こえるほどのけたたましい声を発する。体長は50センチ前後。アマゾンの樹上で目を光らせる。

トップページへ