先生向け放送リスト

印刷

(4月6日、13日)10月5日

第1回 壊れた魚を動かせ

海の世界のスクラッチ・ワールドに異常が発生!魚のプログラムが壊れ、動きが止まってしまった。プログラミングで世界を直すのだ!

(4月20日)10月12日

第2回 スクラッチを始めよう

プログラミングを始めよう。番組のホームページからMITのスクラッチサイトに行き、番組のスクラッチを改造したり、一からプログラミングをしたりできる。

(4月27日)10月19日

第3回 おかしな踊りを直せ

「踊りが変になってしまった舞台」で、音楽を使ったり、キャラクターの見た目を変えたりする方法を学ぶ。また、「反復」という考え方を理解する。

(5月4日)10月26日

第4回 文房具でシューティングゲームを作れ

「文房具シューティングゲーム」の世界で、キャラクターを自由に動かしたり、キャラクターどうしのアタリを調べたりする方法を学ぶ。また、「分岐」という考え方を理解する。

(5月11日)11月2日

第5回 北極の子ぐまを救え【技術】対応

北極のスクラッチワールドで氷が崩れ、小さな氷に子ぐまが取り残されてしまった!ライントレースのプログラミングで子ぐまを救うのだ!

(5月18日)11月9日

第6回 リンゴ犬マックスを応援しろ

落ちてくるリンゴをキャッチする犬マックスのスクラッチ・ワールドに異常が発生!やる気のなくなったマックスにみんなの声援を届けるのだ!

(5月25日)11月16日

第7回 びっくりハウスを作れ

「びっくりハウス」の中にはしかけがいっぱいで、入った人を驚かしてくれるはずだが、何もおきない。自分たちのアイデアで、びっくりなしかけを作るのだ!

(6月1日)11月30日

第8回 マックスの農場に雨を降らせろ

お金持ちになっているはずのマックスだったが、雨が降らず、農場は荒(あ)れはてていた。たくさんの雨をプログラムで作り、リンゴ農場をすくうのだ!

(6月8日)

第9回 カエルをジャンプさせろ

どうぶつ走り幅跳(はばと)び競技会(きょうぎかい)に出場しているカエルがジャンプできなくなってしまった。プログラムでカエルをジャンプさせるのだ!

(6月15日)

第10回 スクラッチ動物園を救え【図工】対応

「スクラッチ動物園」の世界で、絵を描いたり、取り込んだりして、プログラミングならではの表現をすることを学ぶ。また、「2進法」の考え方を伝える。

(6月22日)

第11回 自分だけの楽器をつくれ【音楽】対応

「自由に楽器を作れる世界」を舞台に、音を出したり、録音したりして、プログラミングならではの表現を学ぶ。また、「エンコード・デコード」の考え方を伝える。

(6月29日)

第12回 奇跡のチョウを直せ【算数】対応

「いろいろな図形が描ける奇跡のチョウ」の世界で、いろいろな正多角形を描く方法を学ぶ。また、「冷蔵庫」の中でどんなプログラムが働いているかを理解する。

(7月6日)

第13回 おかしなラーメン店を直せ

「おかしなラーメン店」の世界で、たくさんのデータを管理するためにリストを使うことを学ぶ。また、「センサー付きの蛇口」の中でどんなプログラムが働いているかを理解する。

(7月13日)2月8日

第14回 スーパーロボット・ワンだふぉーを直せ【理科】対応

「スーパーロボット・ワンだふぉー」を使って、明るさに応じてLED をつけたり消したりする方法を学び、エネルギーを節約する。また、「信号機」の中でどんなプログラムが働いているかを理解する。

(8月17日)

第15回 カエルを家に帰せ

「家に帰れなくなったカエルの世界」で、画面を横スクロールさせる方法を学ぶ。また、「間違っているプログラムを直すこと」を考える。

(8月24日)2月22日

第16回 おそろしの花をさかせろ

「100年に一度しか咲かないおそろしの花」の世界で、ドラッグ&ドロップをプログラムで実現する方法を学ぶ。

(8月31日)3月1日

第17回 お花見列車を直せ

「動かないお花見列車」の世界で、背景のものを動かして、遠近感のある移動を表現する方法を学ぶ。

(9月7日)3月8日

第18回 マックスの告白を助けろ

「ふられてしまいそうなマックスの世界」で、背景を変えて、場面を転換する方法を学ぶ。

(9月14日)

第19回 うさぎとかめのCMを作れ【国語】対応

昔話の「うさぎとかめ」のフェアがスクラッチの本屋で開かれているがまったく売れていない。プログラミングでCMを作り、「うさぎとかめ」の魅力を伝えるのだ!

(9月21日、28日)

第20回 はかりスパイダーを直せ【算数】対応

いろいろなものの大きさをはかる、はかりスパイダーがおかしくなってしまった。プログラミングで直して、いろんなものの大きさをはかるのだ!

Why!?プログラミングフェス

2018年に開催された「Why!?プログラミングフェス」全国からたくさんの子ども達のプログラム作品が集まったこのイベントの様子をお伝えします。

Why!?プログラミングフェス2019

2019年に開催された「Why!?プログラミングフェス」全国からたくさんの子ども達のプログラム作品が集まったこのイベントの様子をお伝えします。

発表!Why!?プログラミングアワード

第一回Why!?プログラミングアワード。子どもたちによる400以上の投稿作品の中から、優れたものと作者を紹介します。