前のページへ戻る

キミもレスキュー隊に入隊

9-2 「キャラクターを動かそう」

前準備

スクラッチサイトにアクセスして、サインインしよう。
(まだ自分のアカウントを作っていない人は、「スクラッチのはじめ方」にしたがってアカウントを作ってね)
why_programming_9のスタジオ(※NHKサイトをはなれます)を見てみよう。

why_programming_9のスタジオで、プロジェクト「9_2_キャラクターを動かす」を選び、「中を見る」、次に「リミックス」をおして、自分のアカウントにコピーしてね。
(コピーの仕方は「自分の作品を作ろう!リミックス(改造)をする」も読んでね)

ラム

キャラクターを動かしてみよう

スクリプト画面

さて、描いたキャラクターを動かしてみるわね。ここでは、ジェイソンが番組で描いたゾウを使うわ。もし、画面が絵を描く画面のままだったら、「スクリプト」をおして。すると、ゾウに対してプログラミングができる画面になるわ。
上に「動き」や「見た目」「音」といったものがでてくるけど、これは機能によってつけられたグループの名前で、ここをクリックすると、そのグループにふくまれる命令が下に出てくるの。
まず、「イベント」から「旗がクリックされたとき」を持ってきて、これを右のスペースにおいて。この下に命令をつなげていくことで、ゾウのプログラムを作っていくのよ。「プログラム」は命令のならびでできていて、上から下へ順番に実行されるのよ。

ラム

スクリプト

ゾウをずっと動かして、画面の端(はし)についたらはね返るようにしましょう。そのためには、まず、
「ずっと」を「制御(せいぎょ)」のグループから持ってきて「旗がクリックされたとき」の下につなげる。
「1歩動かす」を「動き」のグループから持ってきて「ずっと」の中に入れる
「もし端(はし)についたら跳(は)ね返る」を「動き」のグループからもってきて、「ずっと」の中に入れる。
すると、左のようになるわね。「ずっと」は、中にある命令を“ずっと”くり返す命令だから、ずっと、1歩づつ動く。そして、もし、端についたらはね返る。どのような動きになるかしら?緑色の旗のボタンをおしてみて。

ラム

ひっくり返った画面

あれ?端(はし)についたら、ひっくり返っちゃったわね。これをふせぐには、
「回転方法を左右のみにする」を「動き」から持ってきて入れる
といいわ。これは、一度設定(せってい)すればいいから、「ずっと」の中に入れる必要はないわよ。

ラム

動かし方に工夫をしよう

プログラム

もうちょっと工夫してみましょうか?まず、大きさを変えてみましょ。
「大きさを30%にする」を「見た目」から持ってきて、入れる。(数字は書きかえてね)
さらに、動くスピードを遅くしてみましょ。
「0.2秒待つ」を「制御(せいぎょ)」から持ってきて、「ずっと」の中に入れる。
これは、くり返しの中のスピードをおそくするためによく使うテクニックよ。 では、みてみましょう。

ラム

小さいゾウが動く

ほ~ら、できたわよ。かんたんでしょ。「動き」の中には「○度回す」といった命令もあるから、そうしたものを組み合わせると、いろいろな動きにすることができるわよ。いろいろ試してみてね!

ラム

今回のまとめ

  • スクラッチでは、キャラクター(スプライト)ごとに、命令をあたえて動かす。
  • 命令のならびをプログラムといい、(上から下へ)順番に実行される。
  • くり返したい命令は、「ずっと」の中に入れる。

今回のリミックス

●複数のキャラクターを作って、それぞれちがうプログラムで動かしてみよう。
●色が“ずっと”変わり続けるキャラクターを作ってみよう。(ヒントは「見た目」)