前のページへ戻る

キミもレスキュー隊に入隊

9-1「キャラクターを描(えが)こう」

前準備

スクラッチサイトにアクセスして、サインインしよう。
(まだ自分のアカウントを作っていない人は、「スクラッチのはじめ方」にしたがってアカウントを作ってね)
why_programming_9のスタジオ(※NHKサイトをはなれます)を見てみよう。

why_programming_9のスタジオで、プロジェクト「9_1_キャラクターを描く」を選び、「中を見る」、次に「リミックス」をおして、自分のアカウントにコピーしてね。
(コピーの仕方は「自分の作品を作ろう!リミックス(改造)をする」も読んでね)

ラム

キャラクターを描(えが)こう

スクラッチワールド

せっかくのスクラッチ動物園なのに、いるのがネコちゃん1匹だけでさびしいわね。さっそくキャラクターを描いてみましょう。

ラム

スプライト一覧

スクラッチでは、キャラクターのことを「スプライト」というの。右の画面の赤い長方形の中にそのスプライトがならんでいるわね。その下の画面を見て。4つのアイコンがならんでいるでしょ。これらを使って、スプライトを作れるの。一番左の「スプライト」のアイコンをおすと、もともと用意してあるキャラクターから絵を選べる。そのとなりの「筆」をおすと、スクラッチで絵を描ける。さらにそのとなりの「フォルダー」をおすと、自分のパソコンから絵や写真を取りこめる。一番右の「カメラ」をおすと、パソコンのカメラを使って写真をとり、そのまま使えるのよ。
ここでは、スプライトの絵を自分で描いてみましょう。こうしたスプライトの絵のことを「コスチューム」ともいうのよ。では、筆ボタンをおして。

ラム

絵を描く画面

絵を描く画面になったわね。絵の描き方には【ビットマップモード】【ベクターモード】があるの。ビットマップモードはかんたんだけど、拡大したりするとちょっと汚くなったりする。ベクターモードは、拡大したりしてもきれいなんだけど、あつかいが少しだけ難しい。どちらでもいいのだけれど、今回はビットマップモードで描いてみるわね。左にたてにならんでいるアイコンに注目して。

ラム

絵を描くボタン

上から順に10このボタンを説明していくわね。
・筆
マウスを使って自由に絵を描くことができる。
・直線
直線を引くことができる。マウスで線の始まる点をクリック、そのままドラッグ(ボタンをおしながらカーソルを動かす)して、終わらせたい点で離す。すると、始まる点から終わる点まで直線が引ける。
・四角形
四角を描くことができる。ドラッグの始点が左上、終点が右下になる。シフト(shift)キーを押しながらドラッグすると、正方形が描ける。
・丸(だ円)
円やだ円などの丸を描くことができる。シフト(shift)キーを押しながらドラッグすると、円が描ける。
・文字(テキスト)
文字を描ける。クリックした点を先頭に、文字を入力できる。ただし、日本語は入力できないのに注意。
・バケツ
クリックした所を含む、囲(かこ)まれた部分の画面をぬりつぶすことができる。
・消しゴム
ドラッグすると、カーソルの通った所に描いてある絵を消すことができる。
・手
ドラッグの始点と終点をそれぞれ左上、右下とする四角形の部分を選択、その部分の絵を丸ごと動かしたりできる。
・背景を削除(さくじょ)する
選んだ部分の背景を削除できる。ただし、ちょっと使い方が難しい。
・スタンプ
ドラッグの始点と終点をそれぞれ左上、右下とする四角形の形に範囲を選択、その範囲の絵を丸ごとコピーできる。

ラム

ゾウを描く

まず使うのは、筆ね。これを選んで、ある点をクリック、そのままドラッグしていくと、筆で描くように絵を描けるわ。下にある色がならんだスペースから色を選べるし、その左にあるスライドバーを動かすと、線の太さを自由に変えることもできるわよ。

ラム

間違えた

あれ?まちがえちゃった?そういう時は、上にある左向きやじるしをクリックして。クリックするたびに一回分、作業がもどるわ。もどしすぎた場合は、右向きやじるしをおせば進む。さぁ、あとは自由に描いてみて!バケツや直線、丸などを使えばいろいろなキャラクターを作れるわよ。好きなキャラクターを作れたら、次は、それを動かすことにチャレンジしましょ!
(※スプライトの横、ステージの所の筆のボタンをおせば、背景を描くこともできるわよ)

ラム

今回のまとめ

  • スクラッチでは、キャラクターや背景を描くことができる。

今回のリミックス

●ステージの所の筆ボタンをおして、背景も描いてみよう。
●「新しいコスチューム」の下にある筆ボタンをおして、スプライトに複数の絵(コスチューム)を持たせよう。